写真教室 PhotoCafe 公式BLOG

写真家桐島ナオが講師を務めるPhotoCafe公式BLOGです!
初心者向け一眼レフ教室、テーブルフォト教室など、ちいさなアトリエで開催しています。出張やプライベート教室なども開催中!

アトリエプライベート教室開催しました*

2017.01.31 Tuesday 12:51
まだまだ冬な日々が続いていますが、プライベート教室をアトリエ&近くの神社にて開催しました!!わーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)
開催希望くださったのは去年の紅葉撮影会にも参加して下さった方。
「構図がいつも同じになってしまう、もっと上手くなりたい&PhotoShopで何が出来るのか知りたい」でした。

 

 

構図については「これが正解」というのは全員一律の答えはないです。
そして、何が「同じ」になってしまっていて、何を「変えたい」のか、明確に自分の中に落とし込むことが必要!わーい(嬉しい顔)
それは他人から「こうしたら良くなるよ」と指示されるものではないと思うのです。

 

指示と指導は違って、指示はこうしなさい!という絶対的なものだけど、指導というのは相手が行きたい方向へ向かって道しるべみたいなヒントを与えることだと思っています。
桐島はどんな人でも個性を守って欲しいので「指導」で在りたいと思っています。
そして、導くためにはその人自身がどういう方向へ行きたいか?を明確にするのが大切だと思っていますひらめき

 

 

なので、プライベート教室開催にあたって、「上手く撮れた写真」と「上手く撮れなかった写真」を持って来ていただきましたカメラ
1枚づつ、じっくり写真を見ながらお話ししてゆきます電球
そうすると、自分自身の写真の癖、構図のパターン、「いいと思うもの」「思わないもの」が見えてきます。

 

あと、自分で「上手く撮れなかった写真」を他の人からみると「え?この写真のどこが失敗なの!?あせあせ」と思う事もあります。
自分では気づけなかった「いいところ」もたくさんありますからね。
頭をぎゅっと使ってちょっと疲れてきたところで、ランチ!レストランぴかぴか(新しい)

 

 

本日はトマトパスタです。
エリンギとハーブソーセージにベビーリーフを散らしてみました。
お気に召していただけてなによりでございますわーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)

 

 

料理をおいしく撮るコツ、というのも急きょ質問が出て、撮り始めたらなかなか食べれない(写真好きあるある)んですよね…あせあせ

 

 

光の向きを考えて撮影場所も変えてみる電球
なので、レストランなんかで「いい写真」が撮れるかどうか?は座る席で半分以上決まってしまったりもします(ダメなときはその時の最善を尽くすべし)

 

 

お口に合ってなによりでございましたレストランぴかぴか(新しい)

 

 

ランチを食べて、お話の続きが終わったら実践撮影に行ってきました。
上級講座でもおなじみの場所なのですが、この日も心地よい空気です。

 

 

理論は実践しないと身につかないと思う桐島です。簡単だと思う事でも実際にからだを動かしてやってみる、ということで新たな発見があると思います電球

 

この日は「小さなものと大きな背景を一緒に撮るときにどうしたらいいか」というおはなし。
人間想定でもお話しできますが、それより小さいとなんだか「置きました」って感じになってしまいますよね、というお悩み。

 

 

これ、同じF値なんですが焦点距離がかなり違います。
そして撮影位置もかなり変えてます電球
実際撮影しているのを見ると、「え?!そんなとこから撮るの!?ここで?」と思う方が多いのですが、写真だけ見ると「フツー」なんですよね。

 

 

これはどんな写真撮影にも言えることなんですが「フツー」に見える写真を撮るには「フツー」にしてたら「つまらない」写真になってしまうということ。
「自然な写真が撮りたいんです」とよく質問されますが、「自然=何もしない」んじゃないんです。

 

それが人間でも風景相手でもいっしょ。空気のようにその場に居て撮影できるというのは緊張せずリラックスしてその場を先読みし、どんな状況でも余裕で対応できるというのが「自然な写真」が撮れるコツだと思います。
技術というのは「今これをやってます!!」というのが分からないくらい自然にこなすことだと思うんですよね。
(プロが「簡単に」いい写真を撮るのはこれを指してるのだと思います電球

 

 

もういっちょ。神社の灯篭とくまを一緒に撮ってみる。
なんか、散漫になってしまいました。灯篭の空間が気になる。。。

 

 

ぐっと密度を高めてみました。撮影位置は離れています。
灯篭の間と間がなくなりましたね〜電球

 

 

あと、おまけ。多重露光。カメラの中で2枚の写真を1枚に合成する機能です(あるカメラとないカメラがあります)

 

雰囲気を変えたいとき、ボケが欲しいときなど、特定の撮影で使えると思います!電球
PhotoCafe撮影会などで最近はやっていますので最近の撮影会photobackなど参照いただくと効果的な作品がたくさんありますよーわーい(嬉しい顔)カメラぴかぴか(新しい) 
ちなみに桐島よりアシスタントさくまのほうが多重露光を使いこなしてます。笑
桐島はどーも「やってみました」だけになってしまって作品昇華するまで考えてないんですね。

 

自分に合った技術、技術を生かす場所を見極めること。「やればいい」ってもんでもないんです。
カメラも同じ。技術も同じ。ただの道具と技術を「生かす」のは自分の思考次第。
まずは、自分自身の作品や癖、良いところと悪いところと向き合う時間を作るところから。
向き合ったら、答えのきっかけが見つかるはず。その答えを出すのは自分自身です。

 

 

ご参加ありがとうございました!!わーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)
またぜひ撮影会にもいらしてください〜〜わーい(嬉しい顔)カメラぴかぴか(新しい) 

 

PhotoCafeプライベート教室は3か月以上先のスケジュール予約になることが多いです(土日祝日のみ開催)ご希望の方は開催希望内容を添えてお問い合わせください〜。(お申し込みはPhotoCafeページからどうぞ)

 

プライベート教室 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

アトリエプライベート教室でした!

2015.03.22 Sunday 19:48
桜の開花宣言が出たり急に暖かくなったり。
ちょっとソワソワする季節の変わり目電球に、久しぶりにお会い出来る笑顔というのはちょっと嬉しいほっとした顔

午前中、都内に打ち合わせに出ていたので午後からの開催とさせて頂きました。快諾して頂けたマキさん。本当にありがとうございますぴかぴか(新しい)
本日はマキさんご依頼のプライベート教室です!わーい(嬉しい顔)
 


しばらくiPhone写真が続きます電球
本日のテーブルコーデは初夏!あせあせ
すごく綺麗な秋色紫陽花がいたので連れて帰ってきたら…春を通り越して初夏になってしまった…あせあせ(飛び散る汗)
 


紫陽花にはしゃぐモノとクロ。
彼らも我が家に住み始めて…どれくらいだろう??6年くらい?
 


ディスプレイもなんとなく夏の気配…あせあせ
水色が爽やか〜電球
 


準備万端!レオンは大あくびあせあせ
お昼の時間はたいてい寝ているはずのレオン様です。
 

本日は写真のレビューを中心に光の読み方の実習でした電球
マキさんリクエストにより、ランチはオイル系パスタですレストラン
 


今日はNZ産のムール貝に春の野菜を彩ったペペロンチーニでございましたわーい(嬉しい顔)白ワインを入れて爽やかに仕上げておりますぴかぴか(新しい)
 


激写中のマキさん。そうですよね。撮りますよねウッシッシ
だって食べ物は食べたら無くなってしまいますもんげっそり
 


12時からだったのでとりあえずランチを食べて(笑)食後の歓談を交えて講義スタート!普段の撮影から好きなもの、好きなスタイルまでじっくりお伺いします。
 


当然のようにちょこちょこレオンが邪魔しに来ますが…あせあせなんで目の前のど真ん中に来るのだろう…たらーっ(汗)
猫ってそういう習性があるっぽいですね…。笑

質問や疑問に答えつつ、講義を進めて行きますが。
じゃぁ実際にやってみましょうか!ということで近くのお寺さんへGO!わーい(嬉しい顔)
この前上級講座でやってきたお寺さんです電球
今回は「光が飽和している状態を自分でつくる」というミッション!電球
実際にやってみましょう。
 


マキさんチャレンジ中。でもこの位置から撮影すると…
 


はい。サイド光(半逆光)になってしまうので、写真はこうなります。
では、逆光の位置に移動してみましょう。
 


ふんわりして透け感が出ましたねウインク
でもこれだと「逆光写真」です。「光飽和写真」はちょっと違います。
 


こんな感じ。立ち位置はほぼ逆光と同じですが、全体が明るくなっているのが分かりますか??
露出を上げただけでは白飛びしてしまう被写体を、光で包んで全体をふんわりさせる光の回し方です。
これを、、、文章で説明するのは無理なので割愛しますあせあせ
 


マキさん、もう一度チャレンジ中!ぴかぴか(新しい)

撮影方法はこうしたら絶対出来る!というものではなく、撮影場所と被写体と使用しているカメラとレンズにもよって変わります。
出来る、出来ない、というよりも数ミリ単位で光は変わってしまうから、本当に注意を払って立ち位置を決めること電球
 


単純に「明るくしたい!」というのではなく、色と光の強弱を注意して、露出もシビアに。
あと、太陽の光に注意して構図を作る事…かなぁ?

マキさん、初めての飽和写真に感動しておりましたわーい(嬉しい顔)
ふんわり、春らしい空気感になりますよね〜ウッシッシ
 


桐島は、飽和写真ではないけど、なんだか幻想的な草原のように見える芝生の雑草たちを撮って幸せになっておりましたうれしい顔
か、、かわいい。。。
 


元の色彩はこんなです。
名前は知らないけど、茶色い芝生に白い花がちょこちょこ咲いててとても可愛いくてうれしい顔
アトリエに戻ってからマキさんと一緒にRAW現像して仕上げています。
 


おなかがすいた所に桐島が帰って来たのでお肉とお豆腐を貰ったレオン様。額にお豆腐ついてますよーあせあせ(飛び散る汗)

RAW現像の時にもお話ししましたが、カメラで出来る事はカメラの設定で反映することに意味があると思います。
後から弄る事を前提に撮影する時はシャッターを押したときの気持ちではなく、その前後にシャッターを押した時の気持ち以上に「明確な世界観が構築されていること」が大前提。

特にRAWで写真を弄り始めると何がしたくて変えているのか?を常に突きつけられます。「これを、こうしたい!」という明確な結論が出ないままに写真を弄る事は、写真ではなく「画像」になってしまう事があります。
 


マキさんが作品を持参して下さったので掲載許可を頂きました!どれも素敵な作品なので是非見て頂きたく。
掲載許可を頂きましたわーい(嬉しい顔)
 


何を表現したいのか?
それが明確である写真は、見ていて気持ちよいです。
写真をレビューすることは「足りないこと、分からないことを、作者の意図する方向へ導く技術を提案すること」であると桐島は思います。
 


丁寧に撮影し、完成させた世界が出来上がって、作者が満足しているものに、「指導」は不要であると思います。
撮影者が満足しているものに茶々を入れる必要はないと思うからです。
不足があるなら自分が一番分かっているはず。
満足しているにはきちんと理由があるはず。

「お気に入り」写真を見せて頂ける事は本当に嬉しく、その人の宝物に触れるような気持ちですほっとした顔

今日は写真について、写真表現について、たくさんお話しさせて頂いたプライベート教室でしたわーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)
マキさんの世界、また是非見せてください!!
プライベート教室にご参加頂きありがとうございましたわーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)

どうぞ素敵なPhotoLIFEをお過ごしくださいぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)


 
東京キャットガーディアン×PhotoCafe桐島ナオ 月イチ*猫撮影会
今年もGW京都・奈良出張します!
*ホームページフルリニューアルしました*
にほんブログ村 写真ブログへ

 
プライベート教室 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

アトリエプライベート教室開催しました!

2015.02.01 Sunday 17:22
前日の上級講座に引き続き・・・本日プライベート教室のご予約をいただいた方は、実は去年GWに関西で出張一眼レフ教室に来てくださった生徒さん!
三重県は伊賀の山奥から来てくださり・・・旅行日程のように2日連続PhotoCafe!カメラ
 


小さなお子さんがいらっしゃるとのことなのですが、1ヶ月に1回くらいご家族の方が見ててくださるので自分の時間が作れるとのこと!泣き顔
そんな貴重な時間を使ってアトリエに来てくださり、感激です泣き顔泣き顔

なんでも、大阪や関西地方の写真ワークショップには何回か行かれたそうですが。
GWのPhotoCafe奈良教室で参加したPhotoCafe一眼レフ教室が忘れられなくて、東京に行くしかない!!と、来てくださったそうです泣き顔
 


レオン。お前はちょっと知らない場所からおねーさんははるばるやって来てくれたんだよーーー!!

と、おねーさん好き好き!!目がハートなレオンに解説中。
(前日の上級講座でめっちゃ甘えていた写真のおねーさんです)
 


プライベート教室なので、講義内容は自由。
初心者向け一眼レフ教室と、上級講座を受けてくださっているので、そのほかの個人的に知りたい疑問をひとつひとつ丁寧に紐解いてゆく日になりました。

何を撮りたいか。
どう表現したいか。

これは間違っているのか?
どうしたらこういう写真が撮れるのか?
 


今持っている機材の力を最大限に考えて、出来ること、出来ないこと、をお話しします。
一眼レフにも、ミラーレスにも、デジカメにもフルサイズにも、得意な事不得意なこと、あります。

機材の力だけじゃなくて、たとえば「どこにピントを合わせますか?」という質問にだって、真剣に向き合うことが大切。

「人間を撮るなら目に合わせなきゃいけないの?」とか。
「花束だったらどこにあわせればいい感じになるの?」とか。

当たり前に流していたようなことにしっかり目を向けて、心を傾けることで、写真は「表現」になると思います。
ただ、構図をまっすぐに、露出を適正にしたものは写真ですが「記録」です。

せっかく自分がシャッターを押すのだから。自分じゃなきゃ撮る意味がない写真にしたい。
それが、桐島の写真表現の考え方です。
 


そして、本日のランチはこちら!キノコとハーブソーセージのカルボナーラですぴかぴか(新しい)
ベーコンではなく天然ソーセージを使っているので、さらりとした味わい。
でも、卵は平飼いの自由な鶏ひよこのものを使用しているのでころりと弾力がある橙色電球
香川県のブラウンマッシュルームが手に入ったので、たっぷり使ってみました!
 


え!え!おいしーーーい!!

と、感動していただき、恐縮です!!泣き顔
もうほんと、わざわざ関東地方まではるばる来て貰って、2泊3日の日程すべてがPhotoCafeのみ!という・・・泣き顔

以前北海道旭川から飛行機で来て下った方や、九州は福岡から撮影会に参加して下った方、関西方面から来てくださる方など、、、、本当にみなさん遠方から足を運んでいただき感謝です泣き顔

たまたまご近所だったの!と徒歩で来ていただけるご縁も奇跡だと思うので、本当にうれしく、気軽に遊びに来ていただけるのも光栄なのですが、いろいろ考えてしまうと頭が下がりっぱなしの桐島です泣き顔
 


こちら、紅茶の「湯気」を撮るには?のお答え写真。

暖かなものを撮るにはちょっとしたコツがあります。
でも、たいていは露出の工夫で撮影することが出来ますウインク
 


テーブルフォトの基本。レフ板の使い方。
特に室内撮影での小さなもの、瞳のあるものなどには絶大な効果を発揮します。

我が家のブライス、のばらさん。
瞳に光が入ると生き生きして見えますね!
 


こちら、チーキーのホルンくん。
急にしゃべりかけてくるような表情になります。

そして、桐島の写真集を交えながらの撮影談義など。
桐島は人物写真を撮影するとき、結婚式のお仕事撮影以外でストロボもフラッシュもレフ板も使いません。撮影後のレタッチ(画像修正)もしません。

生きているものは、その瞳の光そのものが訴えかけてくると思うからです。
その光を見つけて、しっかり受け止めること。それが生き物を撮ることだと考えます。
光を放つ被写体はその光を自分の中に落としこむことが、一番大切なのではないでしょうか。

逆に、ぬいぐるみや雑貨など、命の無いものに命を吹き込むのがストロボやレフ板であると考えます。

もちろん、強めのライティングが欲しかったり、ライティングの関係で必要を感じたり、スタジオでの撮影は別です。
通常の作品撮影の際にはただ、自分と被写体のみの関係性を描きたいな、と考えています。
 



そして。おやつの時間はとっておきのお菓子!目がハート
PhotoCafe合同展にも参加してくださったパティシェのikuさんが手掛けるcocoro〜sweets labo〜さんの1月のお菓子セットに入っていた「ウィークエンドシトロン」!!ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

もうね、名前からして今日の日のために誂えたような感じじゃないですかほっとした顔ハート達(複数ハート)
素敵な週末になってくれているといいな!の気持ちをこめてスタイリングしてみました!
 


こちらは正方形フォーマット。

「ふたりのウィークエンド」を意識してちょっとかわいい雰囲気に。
白×青のスタイリングでシトロンのさわやかさを表現してみましたぴかぴか(新しい)
 


ペアのカップが並んでいるだけで、なんか可愛い雰囲気だなぁ〜と、にやにやしてしまう桐島ですウッシッシ


素敵な週末になりましたでしょうか?
遠いところ、本当にありがとうございます!

いつもおもてなしをするほうなので、とお伺いしていたので思いっきりおもてなしさせて頂きましたウインクぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)
PhotoCafeは写真教室だけど、それだけじゃなくて。
昔仲良しだった親友のような、従兄弟のような、少し遠いけど安心できるような、そんな場所でありたいです。
技術も、知識も、お料理も、お花も、音楽も、あなたの為にそろえてお待ちしておりますクローバー

プライベート教室、ご参加くださりありがとうございました!
どうぞ素敵なPhotoLIFEになりますようにわーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)


 
プライベート教室 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

アトリエプライベート教室でした*

2014.09.20 Saturday 23:22
突然ですが。
このベレー帽のおこじょは「グラフちゃん」といって、PhotoCafeのマスコットキャラクターですわーい(嬉しい顔)
 


twitterにもいるので、仲良くしてくれている人もいたりしてとっても嬉しい桐島ですが、「グラフちゃんに合わせたい子がいるんですっ!!!」と、意気込んでくださった方がいますっ!わーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)

グラフちゃん!今日は君に会いたい!ってお友達が来るってさー!ウッシッシ
 


やあやあ!!!
こんにちは!!グラフちゃん!!


にぎやかな声が聞こえます。笑
本日の生徒さんちのリスたちウッシッシ
可愛いがっている子たちを連れて行っても良いですか?とのお問い合わせに、むしろ是非どうぞ〜!わーい(嬉しい顔)とお答えしました!

本日のプライベート教室はにぎやかです!ウッシッシぴかぴか(新しい)
 


プライベート教室の内容はテーブルフォト教室を中心に、レフ板の使い方やカメラの色彩設定の見直しや写真のレビューをしました!
テーブルフォト教室は実践ではなく、この子たちを中心に普段の撮影にどう生かすか!?というのに重点を置いてお話ししました!ウインク
 


桐島家のジェラトーニたちも見守っておりますウッシッシ

今日はにぎやかー! とか。思ってそう。笑
 


植物を物だと思って対峙すると、植物だって物として人間を認識するので話しかけてきません。
植物には心がありますから、その心に問いかけると必ず答えてくれます。
生きているものには、すべて心があります。

それに、魂が無いものに、魂を入れることができるのは人間だけです。
人形でもぬいぐるみでも、何でもそう。

そこに何もないと、思えば、そう写るし、愛を込めれば魂が写ります。

 



相手が動かない分、自分が動かしてあげることができる。

「こうなんじゃないか?」
「もっとこうしてあげよう」

感情移入して、大切に思って、自分自身を投影するくらいの存在になったら、「物」ではなくそこには「魂」が宿ると思う桐島です。

日本人はよく物を「供養」しますよね。
物には魂が宿ると考える、この国が大好きです。
 


我が家のチーキーちゃん。トランくん。
レフなしだと表情が暗いです。
 


レフありだとパっと明るくなって、楽しそう!
テーブルフォトセットでお店やさんごっこをしておりますウッシッシ

特に目に光が入るととってもいきいき見えますね。
これはキャッチライトという光りで、動物や人間を撮るときと一緒です電球
 



たのしそうなので、デールが見にきたようです。笑

嬉しそうな顔。
そのまま眼で見た表情が写真に残る。
それが、写真の良いところだと思います。

特に、魂を込められるのは当事者だけですから、ほかの人の目には「ただのデールのぬいぐるみ」にしか見えないです。
でも、それを写真にすると「当事者にか見えなかった表情」を写真で他者にも伝える事ができます。

これは、本当に素敵な事だと思うのですほっとした顔ぴかぴか(新しい)
 


どこが「かわいい!」と思ったか。
その子の性格や関係性。

それは、すべて撮影者自身が投影されます。

静物写真や風景写真はその人自身が映されるのです。

人物写真や動物写真などは被写体自身の投影もありますからね。
 


このC&Sとチーデーは絶対ぴったりだと思ってたので!!
喜んで頂けて良かった〜わーい(嬉しい顔)

どれだけ可愛いがっているか。どれだけ思い入れがあるか。
ぬいぐるみをみると、すぐわかります。笑

桐島もぬいぐるみを愛でるほうなのですが、もうこれは趣味趣向の問題ですね。笑
子供の頃、動物と植物とぬいぐるみは親友だった桐島ですあせあせ
 


ほんの少しの表情、とっても些細な変化。
それが、大きな感状と表現になります。

自分にとって、本当に大切にしなくてはいけないのは、目に見えるものばかりではなく。
目に見えない些細なこと。
それが巡り巡って、自分自身を大きく動かし、支えているのだと感じます。
 


なんかむずかしーはなししてるねーボケーっとした顔
たべちゃおーよ!!目がハート

とか、、、笑

おーい。リスどもー!げっそり
 


実は、リスたちのホームへグラフちゃんを誘って頂いたので・・・!!!わーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)
来年はあそこへ行っちゃうかも!?ウッシッシ


そして、ジェラトーニの可愛いさにメロメロになって帰った生徒さんでした。笑



さいごに。参加してくださったtomocoさんのお写真を紹介しますー!
 


お城前のお花畑!!このどこまでも続くような感じを撮るのにものすごく構図を考えたようです!!
 


背景もぼかしすぎず、きちんと主題になってて楽しい雰囲気と、チップの動きが表情あってよいですね〜!
 


デールのまったりした表情と視線の先のお花がぴったりぴかぴか(新しい)全体的な色調も可愛いですぴかぴか(新しい)



とってもにぎやかで楽しいプライベート教室をありがとうございました!わーい(嬉しい顔)
どうぞ素敵なPhotoLIFEをお過ごしくださいわーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)


 
プライベート教室 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

アトリエプライベート教室でした*

2014.08.30 Saturday 22:34
すっかり涼しくなってしまいました!冬が大好きなので、とっても嬉しい毎日の桐島ですウッシッシぴかぴか(新しい)

本日はアトリエでのプライベート教室の開催!内容は一眼レフ教室とちょっとだけ、PhotoShop講座ウインク
 


なんとなーく理解している一眼レフ。
そうなんですよね。「絞り優先」で撮影している方や「露出補正」を使っている人がものすごく多くてびっくりしますあせあせ
PhotoCafeでは超初心者の方にもフルマニュアルをお教えしています。
なぜか、というと、フルマニュアルが一番シンプルでその先にも何も無いからです電球
絞り優先で撮影するなら、マニュアルでも同じなのになぁ…と思ってしまう桐島ですあせあせ

今日もカメラの歴史から、どうして写真が写るの?に始まり、露出の意味や露出計の読み方までお教えしましたウインク
 


本日の生徒さんはカフェやガーデニング、手作り大好き!なkeyさん!(BLOGはこちら!
手作り多肉ポットをプレゼントして頂いてしまいました!
多肉の赤ちゃんたちが可愛い〜〜!!目がハートぴかぴか(新しい)

我が家の多肉氏はね…みんなアウトロー化してしまって…こんな可愛いらしさが消え失せてしまったので!!泣き顔
とっても嬉しいです〜ほっとした顔ハート達(複数ハート)
大事に育てます〜!ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)
 


本日のティータイムはリコッタチーズのパンケーキ!パウダーシュガーとベリーソースで頂きま〜すわーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)
keyさんと桐島は何だか波長が似ているらしく、こうしてカフェごっこをしたり、手作り好きだったり、植物好きだったりして。
何だか素敵なご縁ですうれしい顔ぴかぴか(新しい)
 


PhotoCafeもこうして、この空間や桐島のスタイルや写真を気に入ってくれた人に写真を伝えられる「場」として設けている面がとても多いので。
見つけてくれてとても嬉しいですほっとした顔
写真教室はたくさんあるけれど、PhotoCafeを選んでくれて、この場所に来てくれた人を、一人一人大切に出来る範囲で続けて行きたいなぁ、と思っていますほっとした顔ぴかぴか(新しい)
 


夏休み最後な感じで。氷珈琲を作ってみました!
ギターの形に凍らせたハンドドリップ珈琲にミルクを注ぐとアイスコーヒーになるのです〜わーい(嬉しい顔)
一度にたくさん作れないのでプライベート教室限定なのですあせあせ(飛び散る汗)
(ご希望があれば前日に珈琲を落とします♪)
 


何でもそうなのですが、断片的に知識だけを覚えても全てが繋がらないので実践出来ず、その知識が生かせない場面が多い気がしてしまいます。
近道に見えるその知識が結局遠回りになってしまう。最初に「簡単」な方法を知ってしまうとそれに甘えてしまうから、その先へ行こうとした時につまづいてしまう。

写真は、カメラを操作する前に「光を読む」事がとても大事で。
その為には『露出』の意味をきちんと理解している事が何よりも大切。
 


その場の明るさや光の角度。
きちんと把握して、理解して、受け入れてから。
そこから「露出」が始まると思います。
 


「知っている」と「理解している」では、全然違うから。
是非これからもそのセンスと好奇心をフルに生かして楽しい作品創りと撮影をして頂けたらなぁほっとした顔と思いますわーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)
 


我が家のジャングルのようなベランダガーデンも撮影して頂きありがとうございましたあせあせあせあせ(飛び散る汗)
keyさんを見習ってもっとちゃんとしようと思います!!あせあせ

ご参加ありがとうございました!わーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)
どうぞ素敵なPhotoLIFEをお過ごしくださいぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい) 
 


 
プライベート教室 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

アトリエプライベート教室でした*

2014.08.12 Tuesday 21:56
お盆です晴れ
田舎に帰る方も、帰らない方も、お仕事の方も、暦の上ではお盆。
大阪にお住まいの方がアトリエの近くにある実家に帰省するタイミングでプライベート教室を希望して頂きましたカメラぴかぴか(新しい)
 


申し込んでくれたのはお姉さんでしたが、妹さんも一緒に受けて下さいましたわーい(嬉しい顔)
姉妹で参加、っていいですね〜ぴかぴか(新しい)

カメラは持っているけどオートでしか使った事がないからとりあえず使い方を知りたい!というお姉さんと。
おかーさんがカメラを買ったから家にあるけどあんまり使った事がない…という妹さん。
 


まずは基本から。という事でカメラの歴史からどうして写真が写るか?の発見、そして露出概念とカメラの使い方までウインク
PhotoCafe写真教室一眼レフ講座は超初心者の方から対象にどなたでも受けて頂けますが、全ての参加者の方に「フルマニュアル」を教えしています電球
 


「露出」というものがなんなのか?という事を学んで、フルマニュアルを使った上で自分の撮影スタイルを探すのは良いと思いますカメラ
動くものを撮るのにシャッタースピード優先モードを選ぶのは、ピント合わせに集中する事が出来るので良い事だと思います。
明るさが極端にコロコロ変わってしまう所で絞り優先モードを選ぶのも有効だと思いますわーい(嬉しい顔)

ただ、シャッタースピードとは「動きを止めるもの」だけ、と思っている方や、絞りとは「背景をボカす」だけ、と思っている方が多いのは「露出概念」が抜けてしまっているせいだなぁ…と思うのです冷や汗
 


センサーの違いについてもお話ししましたカメラ
撮りたいものと目的からカメラを選ぶ事も大事ですし、撮りたいイメージからレンズを選ぶ事もとても大事です電球

でも、大きな一眼レフはちょっと重いし目立つので一眼レフを見慣れないご家族や場で出すのは気がひけるし、何より重いげっそりという方も多いのは事実。
撮りたいものと、カメラのバランスを考える事はとても大切です電球
 


本日のお茶の時間はスェーデンのオーガニック紅茶と長野県のえごまクッキー。
ゴマのぷちぷち感と素朴な甘さがとても美味しくてリピートしたものです目がハート
 


あと、お話ししたのがカメラの構え方。
コンデジやスマホで撮影していた方に多いのがこの構え方。
これだとレンズのズームやピントを合わせるのに片手を外さなきゃいけないので面倒なのと、不安定なのでブレ易いです。
 


正しくは、この構え方。
右手でぐっとカメラを握り、左手はカメラとレンズの底部分から包むようにしてレンズを構えます。
こうすると下から支えるのでカメラが安定しますよ〜わーい(嬉しい顔)

そして、桐島お気に入りのレンズをお貸し出しして「ボケるレンズ」を体感して頂きました!わーい(嬉しい顔)

お姉さんはお子さんの写真が中心で「背景と人物両方にピントが合っていて、どこに行ったか分かる写真が撮りたい」とおっしゃっていて、絞り数値の お話しで「これで撮れる〜!」と喜んでいたのですが、桐島がよく撮る子供写真は殆ど背景をボカしてしまっているので「???」というお顔でした。
お姉さんが撮影されていたのは「記録写真」で、桐島が撮影していたのは「心象写真」なんです。
 


「この日は晴れてて、この場所に、この人達が行きました」というのが良く判るのが記録写真。記念写真とも言いますし、とても大切な思い出の一つですぴかぴか(新しい)
それが駄目、っていうんじゃないんです。
桐島が撮りたいな、って個人的に思う写真や瞬間は、「その人が何を考えて何を感じていたか分かる」心象写真です。

その写真を見て撮った人の気持や、撮られた人の性格や心が分かるような、そんな写真を撮る事が、自分自身がシャッターを押す意味になるんじゃないかと。そう、思います。

だから、記念写真も撮れて、其れ以外も撮れる。
学んで、選択肢が増えるのはとても良い事だと思うんですわーい(嬉しい顔)
最初は高倍率のズームレンズ(18-300とか)が欲しい!と言っていたお姉さんが単焦点ていいかも…と最後に言っていたのがちょっと嬉しくてウッシッシ
妹さんはお花を撮ってみたい…と嬉しそうにしていたので是非マクロレンズをお勧めしますわーい(嬉しい顔)

それぞれが、それぞれに楽しんで写真を撮れるといいですねわーい(嬉しい顔)
そして、撮る時も、撮った後も大切に出来るような写真がたくさん撮れると嬉しいし、写真を撮る事で何かのきっかけになるような、自分自身の励みや喜びになるような、そんなお手伝いが出来たら本当に嬉しいですうれしい顔

分からないこと、知りたいこと、もう一回聞きたいこと、いつでも聞いてください電球

どうぞ素敵なPhotoLIFEになりますようにぴかぴか(新しい)
ご参加ありがとうございましたほっとした顔ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)
 


 
プライベート教室 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

アトリエプライベート教室でした*

2014.08.11 Monday 23:10
以前、一眼レフ教室もテーブルフォト教室も受けて頂いた「Le Petit Prince PaRu」のparuMaさん。
ワンコグッズの製作販売を個人でされていてその商品撮影や写真での悩み相談、という形でのプライベート教室でしたウインク
 


まずお悩みだったのが「カメラの背面液晶で見た色とパソコン画面の色が違う涙」という件。
これは開催前の相談メールで判明している事だったのですが…「もしかしてWindowsのノートPCをお使いではないですか?あせあせ」という桐島のメールに「そうです!泣き顔」というお返事。

そうなんですよね…。WindowsのノートPCで写真を見ると実際の写真よりも「青く、暗く」見える事が多いです。
全てのWinPCに同じ程度で当てはまるものではありませんが、Windowsは基本として「文字を読む業務用PC」として全体的に作られているので、文字が読み易いとされる「やや青めの暗めの画面」になっていますパソコン
 

paruMaさんに普段お使いのPCをアトリエに持ち込んで頂いて、桐島のMacとWinで「同じ写真」「同じホームページ」を表示した所、明るさと色が全く違っていたので吃驚されていました…というか桐島も吃驚しました!あせあせ

これは実際に見た人しか分からないのですが…あまりこの状況を見る人も居ないと思うのでイメージとして…こんな感じです。
 


左が今回お持ち込み頂いたWindowsのノートPC(画像処理してイメージに近づけてます)
右が桐島のMac(なので写真はそのまま)

これだけ見るとWindowsが悪いげっそりように見えてしまうのですが…paruMaさんのPCはノートPCの中でもスペックが良いもので、通常の使用には全く問題が無く、ストレスも無いものです。
ただ、今回のように「写真の正しい色彩を見たい」という要求には答え難いPCである事は確か。

何度も書きますが、Windowsが悪い!というのではないですよ涙
桐島が働いているスタジオで使っているPCは全てWindowsです。ただ、使っているモニターはキャリブレーションされた液晶なので「Windowsの色」ではないです。

写真を深く突き詰めると「作業環境」と「キャリブレーション」という問題が発生してきます。
それはアマチュアでもプロでも一緒で、印刷業界やWEB販売業界の問題でもあるので全員解決は出来ないのです涙

要するに、「使っているパソコンによって写真の色や明るさが違うので、自分と同じ画像を相手が見ているとは限らないげっそり」のです。

これを知ってparuMaさん、しばし絶句してました。
そうなんですよね…よく通販で書いてある「モニターによって商品の色が異なる場合がございます」というのはコレです。
実際に比較するとこんなに違うのか…と絶句げっそり
 


…と、まぁ解決の出来ない話ばかりで落ち込んでも仕方無いですあせあせとりあえずランチにしましょう!!電球と、今回はランチつきのプライベート教室でした!レストラン
本日のパスタは「天然腸詰めソーセージのペペロンチーニ」ですハート達(複数ハート)
以前プライベート教室で出したメニューのリクエストなのでしたぴかぴか(新しい)
 

ヤマト豚という品種を使ったもので、すんごく美味しいのです…目がハートオリーブオイルも2種類使って香り良く仕上げてみましたわーい(嬉しい顔)
 

とりあえず撮影は欠かせません!!ウッシッシ
食べたらなくなっちゃいますもんね!あせあせ
とても喜んで頂けて良かったです〜〜わーい(嬉しい顔)

そして、paruMaさんのPCは環境設定から少し調整をしました。
明るさと色調と。
でも、購入者の方がほぼWindows画面で見ていると思う…との事だったのであまり変えすぎないように。
この辺りは難しいですよねぇ…冷や汗

そして午後は本格的な色合わせ作業とPhotoShop講座へ!
 
※paruMaさんの撮影画像を引用させて頂いてます

よく撮影される、という「白・黒・ピンク」という3つの色彩の組み合わせ。
商品撮影じゃなくてもよくある白&黒問題。
露出を白に合わせると黒が沈むし、黒に合わせると白が飛ぶ!というアレです冷や汗
今回は色合わせというレタッチ作業の講座なのでRAW現像に加えて色調の合わせ方やレイヤー合成の方法などなど。

この画像は色調のみを合わせました。青みがかってたのをとり、本来の色に近づけています電球
 


そして、さっきのwinとmacの比較画像も、色合わせです!
元画像(左)から修正画像(右)を見るとだいぶ違いますねウインク
普段の撮影はJPEGでしたのでJPEG画像をいじっていたのですが、RAW画像からだと劣化もなく色合わせが出来るのでお勧めです電球

paruMaさんは普段からマニュアル撮影をされていたのですが、その時の色の設定やWB補正の大切さ、何より撮影環境や光を整える事の大切さなどを改めてお話させて頂きました晴れ

写真はレタッチ(修正)する技術を得て誤摩化す事が出来るもの、ではなく。
良い写真をより良いものやイメージに近づけるもの、がレタッチであると桐島は思います。

シャッターを押す前に決まる事の方が多いものが写真。
シャッターを押した後に想像出来るものがCG。

そんな風に考えて、PhotoShopのお話しをしましたカメラ
 


paruMaさんは Illustratorの勉強もされているので色々連携して出来る事や、「商品写真とイメージ写真の違い」などもお話しましたよウインク
この写真はイメージ写真です。
上の写真をレタッチして、実際の商品よりも鮮やかに明るくしています電球
 


そして、背景をちょっと装飾するとこんな感じ!
急に可愛い感じになりますよねわーい(嬉しい顔)

これは商品の説明ではなく、商品のイメージなんです。
だから、実際の色ではなくてもOK。
購入者には「※購入の際には商品写真画像をご参照ください」と一文が必要ですが、雑誌などでも普通に使われている手段です。

伝えたいのはイメージなのか、ありのままの事なのか。

これは商品写真でなくとも写真全てにおけることですね。
何をしたいのか、何を撮りたいのか?改めて考えましたカメラ
 


そしてパスで一部を切り抜き、複製してみた画像はこんな感じ。
ちょっとしたテクニックでこんな事が出来ます。
パスは勉強してます〜とのことだったのでやってみました!わーい(嬉しい顔)
桐島もパスは得意ではないですが最近ようやく仕事で使えるようになりましたあせあせ
どーーーーもイラレ系は苦手意識が先行してしまうんですよね…げっそり
 


そして、paruMaさんから頂いたお土産と紅茶でお茶の時間です目がハートゴディバのチョコクッキー!!ハート達(複数ハート)
 


マカロンみたいで可愛い…!!目がハート
ごちそうさまです!とっても美味しかったです〜〜ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

お茶をしながら、ペット販売問題やペット介護問題、そして個人の意識問題など。。。結構色々お話しさせて頂いて勉強になりました。
paruMaさん自身が一緒に暮らしているポメラニアン2匹の子のホワイトの子の身体がとても小さく、やはり身体が弱いそうです。
 


この笑顔!!!か、、、かわいい。。。目がハート
掲載許可ありがとうございます…!!!!黒ポメちゃん可愛い!!初めて見ました!!!目がハート

…でも遠近法ではなく、明らかにホワイトの子の顔が小さいのですがく〜(落胆した顔)
「周りの人には小さくて良いじゃない!可愛い!と言われるのですが…適正体重ではないので身体が弱くて…通院しなかった月が無いし、体重が足りなくて手術も出来ないし投薬も難しいんです」と。
ペットブームで交配に無理が祟る子も多い今、本当に問題提起をしていかなくては。とお話ししました。
本当に、生き物と一緒に暮らす。というのは深い事なんだと思います。命を預かるわけですから。


撮影環境からPhotoShop講座まで、長い時間おつかれさまでした!!わーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)
やってみて、分からない事や疑問などはいつでもご連絡くださいね!
どうぞ良いPhotoLIFEになりますようにぴかぴか(新しい)
ご参加、ありがとうございました!!わーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)

 
プライベート教室 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

アトリエプライベート教室でした*

2014.05.10 Saturday 21:48
京都奈良から帰ってきて一番のアトリエ開催は数ヶ月前からご予約頂いていたアトリエプライベート教室でしたわーい(嬉しい顔)
現在プライベート教室のご予約に3ヶ月以上お待ち頂く事があります。今年は特にスケジュールのご相談が多いので大変申し訳ありません!!!ふらふらあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)
 


本日の生徒さんは、3月に一眼レフ教室とテーブルフォト教室を連続で受けて下さり(アトリエ近く似に宿泊してまで!!!うれしい顔)参加してくださったsazaeさん!!
BLOGを拝見していたのでお馴染みのサザエさんも一緒に参加してくれて何だか「おお!!画面の中の人が目の前に!!ウッシッシ」という心境です。笑
 


今日の講義内容はちょっと特殊な撮影です。マニュアル撮影とテーブルフォトの基本はもうOKなので一般的な室内撮影は出来るsazaeさん。
でも、彼女のBLOGを見て分かる通り「コスメ」を撮影されているんですよね。(今は休止中なのが残念!泣き顔
今日は普段撮影しているコスメを持参して頂き、「綺麗なコスメの撮影方法」を伝授致します!!ウッシッシぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

午前中は「どういう写真にしたいか」「伝えたい事柄は明確か?」「何のために、どういう層へ向けているのか?」などをお話し、撮影方針を明確にしてゆきます。
sazaeさん自身とてもしっかり考えてBLOGを続けて来られたのでその辺りはすんなり。
お昼を回ったので、ランチタイムになりました!とりあえず、ごはんにしましょうかウッシッシレストラン
 


本日はオイル系パスタのリクエストを頂いたので丸ごとBIOトマトの腸詰めソーセージパスタで〜すわーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)
にんにく多め、少しピリリのペペロンチーニアレンジ!
 


このソーセージがほんっとに美味しくて!!昔ながらの製法で作られたソーセージなのです。ぷりっぷり!
ズッキーニがそろそろ出て来たのと、京都産の大きな丹波しめじもざっくり切ってぎゅっと味をしみ込ませてます目がハート
 


桐島が減量中なのであせあせ片方が激少なく見えますがsazaeさんの方は普通の一人前ですウッシッシ
とっても喜んで頂けて光栄です〜わーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)野菜たっぷりパスタは元気が出ますよね〜わーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)
美味しいものを食べると元気が出ます。
食べ物はその人自身の肉体を作るものだから。
その人の事を考えて食材をきちんと選んだり、調理することが美味しくなるコツなんじゃないかなと思います。料理も、日々精進しなくては!ウッシッシ

そして、本題の撮影スタートです!!!
 


コスメを紹介したいのですが、パッケージやラベル、キャップが光ってしまって…
あと、変なものが写り込んでしまったりして困っています。
でも、特殊な機材なんかは無いので普通のお部屋で撮れる方法はないですか??というご質問。

はい。正面から撮っただけ、フツーーーの写真。
露出はきちんと合わせていますが、写真に立体感と質感がないですね。
 


撮りたいのはこれ!!
中身がスクリューで分離していて、プッシュすると出てくるというもの。

言葉じゃなくて、写真で伝えたい!!電球

今回はテーブルフォト教室というよりも、スタジオで商品写真を撮るステップとほぼ同じ内容で授業を進めてゆきます!ウッシッシぴかぴか(新しい)

 


ライティングとかレフ板の使い方を中心に、普段の雑誌やカタログの撮影の時はどうやっているか?というのを中心に、プロの現場でやっていることを、「おうちでもできること」にしてお教えしましたウインク
 


透明感と質感、今日のすべての写真はカメラとレンズ、三脚のみです。
ストロボやフラッシュは使用していませんウインク
 


銀のパッケージ。黒くなってしまいますよね。

これを、レフ板のみで、明るくすることが出来ます!電球
 


片手でレフ板をあてて、もう片方はシャッターを押してます。
アシスタントなしでも、ストロボがなくても、撮影セットがなくてもちょこっと工夫すると綺麗に撮れるのです〜わーい(嬉しい顔)(ちなみに箱は全面が反射するタイプの銀色のものです)

カタログは商品のみを切り抜いて使用するのでこれでOKですが、このまま写真を掲載する場合は背景の諧調を滑らかにする必要があります〜。
 


実際に撮影しているのはこちら電球
三脚を使ってMFでピントを合わせて、レフ板で光を起こしてます!

もうね、テーブルフォトじゃなくて、これは「物撮り(ブツドリ)」ですあせあせ
普段仕事でやっているような感じでいろいろお話しさせて頂きましたよー。
 


これは背景を使う前提で撮影したもの。

ジェルの中にラメが入っているので、それも分かるような写真を!とのことで、丁寧に露出とピント合わせをしてみました。
 


撮ってるときのsazaeさん。
うーん。手つきがサマになってきましたね〜ウッシッシ
 


あと、もっとラメ感がわかるような機能カットも欲しい!とのことで、マクロなピント合わせと透明感と質感が出るようなライティングも…って、ほんとにスタジオワークになってきましたあせあせ
いやいや、でも、ライトなしなんです。笑
 


光を読むこと。撮りたい物の向きを意識して、何を伝えるか?というのを考えて、答えが出てからカメラを構えること。
これは何の撮影でも、全く同じ。

上の写真は保湿の出来る化粧水なのですが、全然保湿感が出てませんよね。
ただの、水みたい。
 


光の角度(自然光のみです)を考えて、変えてみると立体感がこんなに…ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

ぷっくり、表面張力がわかって、保湿出来そうな感じが出ましたね電球
全く同じものを同じ場所で撮ってます。水をたらし変えたのではないのですよ〜ウッシッシ
 


真剣な撮影に、アトリエの住人も興味津津。。。

他にもファンデーションの表面の質感や、シートマスクの繊維のアップ撮影などなど!
いろいろ撮りましたウッシッシ

テーブルフォト教室は本当に雑貨などを「いい感じ」に撮る教室ですが、本日は本当に「商品撮影」でした!あせあせ
これは、ちょっと手を加えたらカタログ掲載出来るクオリティ…。笑
いやいや。この手法をPhotoCafeで教える日が来るとは思いませんでしたあせあせ
お役に立ててなによりですウッシッシ

※通常のお仕事の撮影はRAWで撮って調整をかけてから、色合わせなどの処理が必須になりますが、今回はおうちで出来る範囲、なので全ての画像は撮ったままです!
 


最後は撮影データをMacで確認しながらお茶の時間コーヒーぴかぴか(新しい)
とっても豪華なお土産をいろいろ頂いてしまい、本当にありがとうございます…!!ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

sazaeさん。コスメの他にもPhotoCafeに参加してから「花」を撮る事や見る事が増えたそうで、なかでも「花自体も勿論ですが、その花を咲かせている人がいる、って事に気付きました。すごいことですよね。そんなこと、前は考えた事も無かったのに」と。

カメラを持つと、見る世界が変わります。
写真を撮ると、感じる世界が変わります。

自分自身が見ている世界、感じている世界。
きっときっと、伝えたい誰か、見せたい誰か、忘れたくない自分自身がいるはず。

その世界のお手伝いが出来ていること、本当に光栄です。
プライベート教室にご参加くださり、ありがとうございましたほっとした顔ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)
どうぞ素敵なPhotoLIFEをお過ごしくださいぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)



 
プライベート教室 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

アトリエプライベート教室でした!

2014.04.29 Tuesday 23:26
去年の秋から定期的にずっと来て下さっているAkiさん、Toshiさん、それにAkiさんのお姉さん。
2月ぶりの再会で、とても嬉しく思いますうれしい顔
こうして定期的にお会い出来る事、桐島にとってとても嬉しく、みなさんの笑顔を見るだけでも本当に嬉しいのです。
 


「分からなくなっちゃうたらーっ(汗)」「何度も確認したいのあせあせ(飛び散る汗)」「この前教わったシャッタースピードのお話しでね、これが撮れたのよわーい(嬉しい顔)」「お庭で大好きな椿が咲いたのぴかぴか(新しい)」「ここは誰にも教えないとっておきの場所なのウインク」「目で見えてなくても、カメラでは撮れてたのよぴかぴか(新しい)

次々に出て来る写真のおはなし。カメラのおはなし。
行動範囲に制約があったり、出来ることと出来ない事があったり。
 


お二人は一眼レフとミラーレスを使い分け。
どっちも良い所があって、どっちも悪い所がある。

それは、人間も同じで。
いい所ばっかりじゃないけど、悪い所ばっかりでもなくて。
きっと、みんな大差ない事で競っているつもりになってるだけ。
 


ピントを合わせるのが苦手なら三脚を使えばいいし、すぐにマニュアルが頭に浮かばないような状況ならオートでもいい電球

一番大切なのは、カメラの操作が出来る事でもなく、写真に残す事でもなく、「表現したい!ぴかぴか(新しい)」という気持ち。
自分自身から湧き出るその気持ちを、何よりも大切にして欲しいのです。
それには、年齢も性別も何も関係なくて。
 


美しい!と思ったものを撮る事が大事なんじゃなくて。
美しい!と感じる事が出来る、あなたの心揺れるハートが一番大事なんです。

撮りたい!とか、残したい!とかは、また別のおはなし。
 


心が動かされること。
気持が高ぶること。

生きているから、とっても大切で、素敵なこと。

だからこそ、その、気持ちのままに、感動のままに、写真で表現出来たら嬉しいなぁ、と。思うのです。
 


今日はお二人の春の作品を拝見しました。
ムーミン列車に、八重桜。それに椿に、内緒の桜まで。
 


露出や構図よりも、もっともっと大切なのは「心の動き」です。
何故、それを撮ろうと思ったのか。
何故、その目線でカメラを構えたのか。

難しく考えないで。もっと自分の心を掘り下げるだけで良くて。
 


きっと、分かっているのだと思います。
とても素敵な写真たちを拝見させて頂いて。すごく嬉しかったです。

Akiさんは「先生、ちゃんと指摘してくださいね?年寄りだからって甘く採点しちゃ駄目ですよ」と苦笑しながら言うけれど。

桐島は年齢や性別で点数を甘くするほど、甘くないです。笑
 


とても楽しんで撮影している様子や、この一枚を撮るためにすごく悩んだんだろうなぁ…と。
そういう事が分かる写真と、そうではない写真があります。
今日見せてもらった写真は、どれも誇らしげで、とても美しくて。

構図や露出はもっと良くなるけれど、何より心がきちんと写ってる事がとても良かった。
 


4月に咲く薔薇は相当早咲きですが、この日の朝。
2輪だけ、咲きました。
 


まるでToshiさんに逢いたがってたみたい。
原種の薔薇は開花が早いけど、この2輪はとくに早くて。
そんな薔薇の嬉しさと、撮影者の嬉しさがシンクロしていて。
 


咲いたばかりの濃い赤のカクテル。
中心は濃い黄色。橙色みたいな。
 


莟は苺みたいなんです。

冬の桐島家みどりさん事情をご存知なみなさんだから。
きっと、みどりさんたちも張り切っていたと思います。笑
 


大きく咲いた大輪の八重のクレマチス。
逢いたかったよ。〜!って言っているみたい。
丁寧に、嬉しそうにカメラを向けられて、みんな誇らしげぴかぴか(新しい)
 


みなさん、桐島のこのアトリエを気に入って下さりいつもたくさん写真を撮ってくれますぴかぴか(新しい)
本当にありがとうございます。

きっと、手のひらの届く範囲を大切に、愛おしく慈しめる人は、自分自身もきちんと愛する事が出来るし、それが最低限出来ていないと、他者の愛を受け止める事は出来ないんじゃないかと。
なんだか、そんな事を考えた桐島でした。

カメラ操作は習うより、慣れろです。
最低限、全ての知識は誤摩化さずにお教えしますが、完璧に何もかも覚える必要は無くて。
むしろ間違った方が理由が知りたくなりませんか。

新しい事を知る。何かを間違える。
この二つは全く同じこと。
怖がらずに、何度もトライして。

糸を丁寧に紡ぐように、一枚の写真を撮ってゆけたら、素敵ですね。
今回もご参加ありがとうございましたウインクぴかぴか(新しい)

また、元気なお顔を拝見出来る事を心より楽しみにしておりますほっとした顔


 
プライベート教室 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

プライベート教室@わんこ野外撮影でした!

2014.04.13 Sunday 23:06
去年の秋頃、アトリエの一眼レフ教室に来て下さり「次回は是非我が家のワンたちと一緒にドッグランでプライベート教室を!わーい(嬉しい顔)ハート達(複数ハート)」というご要望により…行ってきました!ウッシッシワン連れPhotoCafe!犬揺れるハート犬
 


まずは、初めまして〜!ここあくん(左)&くるみちゃん(右)です!ハート達(複数ハート)
お揃いの服がとってもお洒落なトイプーちゃんです目がハート
 


ママさんが撮影している間はじーっとポージング出来るとっても良い子…!!ぴかぴか(新しい)
 


そしてこちらもお揃いの服がとってもお似合い!ハート達(複数ハート)ルークくん(左)に、ロンくん(右)!
ルークくんはトイプー。ロンくんはシーズーとポメハーフですぴかぴか(新しい)
 


ロンくん…今日一番の癒し系…ほっとした顔ぴかぴか(新しい)
なんだろう…この、まったり感がとっても和むんです…!
 


ロンくんもここあちゃんも、桐島のわんこマッサージにうっとり…。笑
「もっとしれ」と、体を寄せてくるくらいハマってましたウッシッシ
 


この二人はモデル体質なのか、ビシッ!と決めると本当にカメラ目線でキメてくれますぴかぴか(新しい)カッコイイ!
 


そしてロンくんはサラダバー満喫中。笑
もぐもぐ中を失礼しまーすウッシッシ
 


アイドルのくるみちゃんはモデル立ちですぴかぴか(新しい)
芝生が似合いますね〜うれしい顔
 


撮影している側はこんな感じです。笑
 


本日の講義内容は「動きのあるワン写真を撮る事&可愛いく撮る事」が目標!
まぁ、モデルさんは可愛いのであとは設定の仕方と撮影位置とかですねウインクぴかぴか(新しい)

まずは、かる〜くルーくんが歩いて来ます。
連射+コンティニュアンス(NikonはAF-Cです!)モードで被写体を追従します!ぴかぴか(新しい)
Canonの場合は連射+AIサーボAFですね♪
 


ISOを設定し、シャッタースピードを早めにしてブレないように連射!
お二人とも「初めて動いてるうちの子がピントきたー!」と大興奮ウッシッシ
 


そして、アイドルのくるみちゃん登場!
くるみちゃんはダッシュが早いですよー!ウッシッシ
 


飼い主さんに向かって走るので、本当に嬉しそうな表情が溜りませんほっとした顔ハート達(複数ハート)
 


よーい…
 


どん!!!

うさぎみたいで可愛い〜〜目がハートハート達(複数ハート)
 


くるみちゃん。飛んでます。笑

「あたし、うさぎなの!!!」と言わんばかりのこの笑顔!目がハート
 


か、可愛い…!!!ハート達(複数ハート)
と、撮影しながらメロメロでした…ほっとした顔ハート達(複数ハート)
 


斜面だったので背景が芝生になってしまっていますが…うーん。飛んでる…。笑
結構すごいスピードでカッ飛ばしてくれます。くるみお嬢様!
 


ここあくんもとっても嬉しそう〜ほっとした顔ぴかぴか(新しい)

「走るの、だいすき!!」って全身で表現してますぴかぴか(新しい)

お二人とも、「こういう写真が撮りたかった!!」と言う写真がバシバシ撮れまくり、とっても満足して頂けましたほっとした顔
やっぱり動きのある写真は可愛いですよね〜ほっとした顔ぴかぴか(新しい)
 


そして、お昼はワン連れOKのお店へ。テラス席を作ってくださいましたぴかぴか(新しい)
アボガドバーカーが美味しそう!!ぴかぴか(新しい)
 


和風なソースでとっても美味しかったでーすほっとした顔ぴかぴか(新しい)
 


お食事中ルーくんはママの手の中でうとうと…。
本当にママっ子でずっと「だっこ!だっこ!」とせがんでいました。笑
もー。可愛いなぁ…ほっとした顔ぴかぴか(新しい)
 


そして午後の部は素敵なワンポートレート講座!
実際にワンたちにモデルになってもらって、単焦点レンズではなく、ズームレンズで綺麗なボケを作って立体感を出す撮影方法をお教えしました!
 


ルーくんはちょこちょこ。笑
ロンくんはもー疲れた〜〜。笑

マイペースなふたりに何だかほっこりします揺れるハート
ロンくんのふさふさ具合がとっても可愛いのですぴかぴか(新しい)
 


ここあ&くるみペアは安定のモデル立ち!
見返りポーズがキマってますぴかぴか(新しい)
 


ここでもやっぱり癒し系はロンくん。笑
何だかとっても愛嬌のある表情ぴかぴか(新しい)
 


でも、もーつかれたの。

ってペタン。

そーなんです。ロンくんはもうそろそろシニアなのです。
でもこの愛らしさはずっと変わらないんだろうなぁ…ぴかぴか(新しい)
 


ルーくん。可愛い横顔。
とっても綺麗な横顔ですぴかぴか(新しい)
 


安定のアイドル目線中のくるみちゃんぴかぴか(新しい)
本当に良い子で待っているので、道行く人たちから「あれ、モデル犬!?」とよく言われておりました…。
そうです。モデル犬ですよ〜ぴかぴか(新しい)
 


最後は可愛いルーくんのドアップで。

本当に楽しく一緒に遊ばせて貰ったようなプライベート教室でした!ぴかぴか(新しい)
参加されたお二人も「ずっと撮りたかった写真が撮れた!」「疑問が解決した!大満足!」と言って頂いて本当に良かったですうれしい顔
実際にワンたちと一緒に撮影をして、距離感や立ち位置、撮影のポイントなどが掴めたと思いますウインク
これからも、素敵なお写真、可愛いお写真、楽しみにしていますね!
ご参加、ありがとうございましたわーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)
みんな、桐島と遊んでくれて本当にありがとうございましたぴかぴか(新しい)
4わんのママ二人も、本当にありがとうございましたぴかぴか(新しい)

お二人のBLOGにもまた遊びに行かせて頂きます!

「トイプー☆ここあ&くるみ☆楽しい毎日♪」
「R'sのにっき」

 
<本日参加されたお二人の作品をご紹介します!>
 
photo by ここあママ
一生懸命ママの元に走るくるみちゃんが可愛い〜目がハート
 
photo by ここあママ
見返り美人。くるみちゃんです。得意ポーズぴかぴか(新しい)
 
photo by ここあママ
ふたり揃って。前ボケのふんわりな緑がいい感じです!ほっとした顔
 
photo by ロンくんママ
ルーくん。ぽてぽてぽて、と足音が聴こえそう!!
photo by ロンくんママ
ぺろんちょ。ロンくんですほっとした顔ぴかぴか(新しい)
 
photo by ロンくんママ
ルーくんの正面顔って何だかとってもふんわり愛らしい〜目がハート
 

プライベート教室 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |