写真教室 PhotoCafe 公式BLOG

写真家桐島ナオが講師を務めるPhotoCafe公式BLOGです!
初心者向け一眼レフ教室、テーブルフォト教室など、ちいさなアトリエで開催しています。出張やプライベート教室なども開催中!

PhotoCafeTravel!京都Vesna!さん2日目!@一眼レフ教室

2013.05.03 Friday 12:26
二日目の午前中は前日の教訓を生かし、簡易的な日よけを設置して教室をスタートしました!笑ウッシッシぴかぴか(新しい)
一日目でだいぶ日焼けした桐島です。笑



そういえば今年は毎日のアシスタントさくまくんの写真を撮るのを忘れておりましたげっそり
Vesna!さんに合わせてコーデをしてくれるので毎回楽しみなのです。
Vessna!さんのテーマカラーの赤に合わせていることが多いかな?



一眼レフ教室は、露出の基本「シャッタースピード」「ISO」「絞り」を感覚的に、知識的に、しっかり『理解』してから実践します。

今日は「生まれて初めて一眼レフを触りま〜す!ウッシッシ」という方もいらっしゃいますよー!(カメラはレンタルでお貸し出ししておりますぴかぴか(新しい)

最初は「どうして写真が写るの?」から、ミラーレスと一眼レフの違いや、カメラの中の構造までさらーーっと。
ふんふんなるほど〜!!で、理解出来ちゃったら、カメラの「使い方」へ!



「これ、覚えて!」って言い方はPhotoCafeではしません。
カメラの露出の考え方は相互関係。
だから、「シャッタースピード」「ISO」「絞り」の3つが全て相互関係です。
一つだけ判っても、一つだけ分からなくても駄目で。
全てが関係を持って存在している。

だから、それぞれどう作用しているのか。
それを想像しながら、一緒に学びますウインク
想像っても、ちょーっとだけ。過去の記憶を一緒に思い出すだすだけですよ。笑



撮影タイムはVesna!さんがカメラマンだらけに!!ウッシッシカメラウッシッシ
こういう光景の雑貨屋さんはあまり見ないですよね。笑

みなさんマニュアルで、好きな雑貨を想い通りに撮影されていますウインクぴかぴか(新しい)
デジタル一眼レフでも、ミラーレスでも、どのメーカーでも大丈夫。
操作方法が分からなくても大丈夫。
一緒に実際にカメラを触って、仲良くなりましょう!わーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)



初めて一眼レフを持つ感覚。
どうですか?
暗い中に、一瞬でピントがあって、背景がふわ〜〜ってボケる感覚。
片目の世界。自分だけの世界。

ミラーレスの気軽さや、楽しさも本当に楽しいけれど。
片目で覗く「ファインダーの世界」は本当に、見ているその人だけのものなんです。
デジタルファインダー(見る中にビデオみたいに映像が出るやつ)とも違う。カメラのレンズを通して、カメラと一緒に見る世界。
文字通り、カメラと自分だけが、この世界で見ている唯一の世界なんです。



Vesna!さんの店内はいつ来ても楽しくて嬉しくて幸せになっちゃうものばかりうれしい顔ハート達(複数ハート)
目の前が公園なので、窓際の雑貨たちを中から撮影すると綺麗な緑のきらきらになりますぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

雑貨はもちろん、アクセサリーや文房具、お菓子にCDまでexclamation ×2
端から端までじ〜〜っくり、何度も見てみたい電球ぴかぴか(新しい)
見ても、見ても、オーナーさんの買い付けのお話しを聞くと、もっと見たくなってしまう!!わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)

Vesna!さんはそんな、宝箱のような「個人的な愛揺れるハート」の結晶なんですぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)



撮影すると自分だけのものになったような気がします。
きちんと見つめる、ということは向き合うということです。

シャッターを押す、というのはその向き合ったものに対して結果を導く事が出来たから押せるわけです。

ファインダーやモニターを見て「う〜ん。どうしていいか分かんないけど…とりあえずシャッター押しちゃおうあせあせ」という気持ちでシャッターを押した写真は、あなたの心に残っていますか?



どんなカメラでも、どんな被写体でも、あなたが選んだあなただけの世界。
一枚一枚、大切に思って、見つめて。シャッターを押した分だけ大切なものになります。

その為には自分自身の感覚や感情、記憶や趣味趣向を大事にしてあげること。
そして、その「個性」を引き出す為に必要なのが「知識」なんです。
勉強なんて大嫌い!泣き顔カメラは難しいことばっかりだから適当に撮ってあとで弄ればいいもんウッシッシと思って撮った写真は心が入っていません。

折角素敵なものを、あなたが見つけたのに。勿体ない!!

桐島はそう思います。
もっと、あなたの中の素敵なものを、大事に大事に、丁寧に掬い出して、ここに丁寧に並べてごらんなさい。と、思うのです。

ひとつぶひとつぶ、じっくり見て。
形が違うこと。色が違うこと。光り方が違うこと。

その形に合わせて、一番良い方法で輝かせてあげましょうよぴかぴか(新しい)

と、いうのが「知識」だと思います。



夢中で撮影すると何気にアクロバティックになったりもします。笑
楽しんでいるのが見てて判りますよね。笑

彼女の見ているものが何なのか。みなさん気になると思いますウッシッシ

写真て、シャッターを押すだけじゃないんです。
被写体を見つけることでもないし、構図をひねることでもない。

あなたの大切なものを、ここに、並べてみてください。

って、ことじゃないかな。と。
桐島ナオは思います。



今回もとーーーーっても美味しいお茶時間でしたわーい(嬉しい顔)コーヒーハート達(複数ハート)
Vesna!さん、ありがとうございました目がハートハート達(複数ハート)

今日は午前と午後続けて講義に参加される方がとっても多かったです!
みなさん本当にありがとうございます!
午前中だけ参加された方で、帰り際に「人物撮影とは」という質問を頂き少し長くお話しをさせて頂いたのですが。
人と向き合うことも、また。自分自身と向き合うことなんです。

何を撮っても「写る」のは、自分自身です。


みなさんのPhotoLIFEがよりよいものでありますように!ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)
そのお手伝いに、少しでもなっていたら。桐島はとても嬉しいです。
ご参加ありがとうございました!わーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)








 

6月に写真展開催決定!




にほんブログ村 写真ブログへ登録してみました

skycloverTOPPageへ戻るサイト TOPを別窓で開く(外部来訪者さま用)

JUGEMテーマ:
出張教室 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

コメント

コメントする










この記事のトラックバックURL

http://photodiary.skyclover.hacca.jp/trackback/1133687

トラックバック