写真教室 PhotoCafe 公式BLOG

写真家桐島ナオが講師を務めるPhotoCafe公式BLOGです!
初心者向け一眼レフ教室、テーブルフォト教室など、ちいさなアトリエで開催しています。出張やプライベート教室なども開催中!

アトリエテーブルフォト教室でした!

2014.07.20 Sunday 22:30
暑い日々が続きます晴れ晴れ晴れ
テーブルフォト教室はアトリエのプチ模様替えをするのでその度にがたがたしながら水槽の移動もするので・・・ついでに水換えしちゃえ!と水を抜いているのですが・・・なんだかちょっと元気がない出目金くん冷や汗
みんなが来るまでに時間があるからちょっと塩浴する?と、塩水にどぼーん魚
 


写真は涼しげですが、本人はものすごく嫌な顔をしています。。。
ちょっと調子よくないなぁ…という時は薬を使うよりも塩+日光浴晴れの方が安全!!
 


テキスト講義中もずっとここでふよふよしておりましたわーい(嬉しい顔)
普段は水槽にいるので新鮮。。。
 


そして、テーブルフォト教室スタートですぴかぴか(新しい)
窓辺に作ったセットには夏らしい雑貨と骨董品を並べてみました。
爽やかさとシャビーな感じで雰囲気を出して。

でも、まずはテキストと一緒に講義!
「光を読む方法」や「レフ板の使い方」「いい感じの構図の作り方」などなど。。。
 


オートでそのまま真正面から撮影したらこんな感じ。
我が家は白熱電球が多いのでオートだとWBが電球モードになってしまうのですが・・・外光も入ってくるのでなんか青いひまわり。なんともフツーの写真です。
 


では、「希望わーい(嬉しい顔)」を感じる「明るい」写真を。
と、WBを太陽マークに、カメラの位置をぐっと下げて照明を入れて、ひまわりを上向きにしてみました!
同じ室内でも、ひまわりがいきいきして見えませんか?わーい(嬉しい顔)
 


逆に。「寂しいもうやだ〜(悲しい顔)」感じで「暗い」写真を。
こちらはモノクロモードにして、露出を下げて背景をぐっと暗めに。
上から撮影し全体を入れずに少しうつむきがちになるようにしてみました。

同じ場所、同じ被写体、撮影者は一歩も動かず、カメラ位置と設定だけで表現を変えてみました電球
テーブルフォトが出来ること、テーブルフォトで楽しめること、表現出来ること、もっともっとあると思うんですわーい(嬉しい顔)
 


そんなお話しといろんな小技をお話ししたらいよいよテーブルフォトスタイリングと撮影実践へ。
とりあえず準備してあるセットをそのまま撮影しますわーい(嬉しい顔)
セットは桐島がごちゃっといろんなものをたくさん置いているので「どう切り取るか」がコツになってきます電球
 


切り取り方にもいろいろあって、目線や画角、WBなんかでも印象は変わってきますね。
 


どんな撮影の場でも質問があると「いい感じにするコツは?」的な事を聞かれるのですが・・・お仕事の写真ではない写真を「いい感じ」にするのは「何がいい感じなの?」と、質問を返してしまいます。
「かわいい写真」というのはまず、「あなたは何が可愛いと思っていますか?」というところがスタートライン。
基準がないものを撮る事は出来ないのですカメラ
 


「いい雰囲気」「いい写真」「いい感じ」、これらは全て個人差があるし、「誰にでもいいと思ってもらえる写真」というのは世の中に存在しないし、それが「自分がいいと思う写真」である事とは全く違うと思いますウインク
 


スタイリングの3つのコツと1つのポイントをお伝えして、初めての雑貨スタイリング!
はじめは戸惑いますが、どうしたらいいか?をクリアすると意外に簡単。
楽しみながらすぐに完成!ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)
 


そして、撮影です!

自分が好きなもの。
自分が見たいもの。
自分が表現したいもの。

それらに、向き合うこと。
それが、写真上達の一番の近道!わーい(嬉しい顔)
 


こちらのスタイリングはドイツのアンティークの陶器人形を主役に。
脇役に紫陽花をたくさん。
ちょっとしっとりした質感と色彩でまとめています。
 


白を引き立たせるために黒を置いているので、モノクロでも引き立ちますね!
陶器は「バリ」処理をしていないので、珊瑚みたいなざらざら感があって。
それを表現するのにもモノクロはとても良いモードです電球
 


お次は平面構成のスタイリング!ぴかぴか(新しい)
高さを揃えてイメージをふくらませて…うれしい顔
 


爽やかな青と透明感あるものたちで、カードにしたら素敵なんじゃないか?と思えるように。
流れを感じるスタイリング。
 


横構図主体のスタイリングですが、縦に切ってもイメージが変わりますね。
何を主役にするか、その中で何を伝えたいか?を、明確にすること。
大切にしたいことは、カメラを構える前に決めること。
 


正方形だと縦横がないので、ポップな印象。
切り取り方で雰囲気も変わります!わーい(嬉しい顔)
 


本日のお茶の時間はお馴染みのマリアージュフレールと、フレンチトースト味のパウントケーキにアイスクリームハート達(複数ハート)
暑い中だったのでアイスが美味しかったです〜目がハート
 


そして、おまけのスタイリングは本日の参加者のお二人がお気に入り!と言って頂いた雑貨とお花をわーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)
テーブルフォト教室はもちろん桐島の日々の中でもよく登場していますフクロウマロリョーシカ!
期待を裏切らないVesna!さんのものですよ〜わーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)
 


Vesna!さんは現在買い付けと夏期休暇で長期のお休みです!
秋からの営業再開に今からドキドキです!!目がハートぴかぴか(新しい)
桐島は本当に、ただのファンなので(笑)PhotoCafeでお伺いする前からの買い占めたグッズでいっぱいなのですウッシッシ
桐島家の可愛いものスタイリングにVesna!アイテムはかかせません電球
 


そしてもうひとつ。
シンプルにいけただけの、ひまわり!
前日の一眼レフ教室でも撮影しましたが白バックで撮影するとすっきり映えますねわーい(嬉しい顔)
 


こんな風に、ぽん、と置いているだけなのですが、光の回し方でふんわり、浮かび上がっているように撮れるのですっわーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)
 


サイドから撮影するとベランダが入ってしまうのですが。
上手くぼかして、それさえも風景にしてしまえば問題なしウインク
足りないものを工夫してむしろ効果的にしてしまいましょうわーい(嬉しい顔)

写真は「どれだけ楽しめるか」が、上達のコツでもあります電球
難しい事を並べたり機材のうんちくを語るよりも…その被写体の魅力を力いっぱい伝えられるような。そんな気持が、何より大事揺れるハート
その魅力とは、決してプラスの事だけではありません。
そして、マイナスを無理矢理にプラスにする必要もありません。
心が惹かれた場所に。感情が動くところに。
自分のまっすぐで、向き合えば良いと思いますわーい(嬉しい顔)

それでは、参加者さま作品のご紹介です!わーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)
 
photo by iori

ご自身のスタイリングを羽根を主役にしっかりと描いて頂きましたわーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)
散らばるカードの夏の星座がとても素敵ですねほっとした顔
サマーグリーティングにもバッチリですラブレター
 
photo by mimico

こちらもご自身のスタイリング!全てを入れず少しだけ切ったあじさいと、全体のトーンがなんとも涼やかぴかぴか(新しい)
淡い色彩にWB電球のブルーが映えますねほっとした顔ぴかぴか(新しい)

今日はのんびりと雑貨や写真のお話しをしながらのテーブルフォト教室でしたハート達(複数ハート)
何故かPhotoCafeにはトリッカーズ(靴)のファンが多い気がします!そして、新品を履いて来てくれるのですっ!!目がハート
革靴大好きの桐島はとっても嬉しいですハート達(複数ハート)ぜひまた見せてください〜〜ハート達(複数ハート)

暑い中お越し頂き本当にありがとうございましたわーい(嬉しい顔)
どうぞ素敵なPhotoLIFEをお過ごしくださいカメラぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

 
テーブルフォト教室 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

コメント

コメントする










この記事のトラックバックURL

http://photodiary.skyclover.hacca.jp/trackback/1133767

トラックバック