写真教室 PhotoCafe 公式BLOG

写真家桐島ナオが講師を務めるPhotoCafe公式BLOGです!
初心者向け一眼レフ教室、テーブルフォト教室など、ちいさなアトリエで開催しています。出張やプライベート教室なども開催中!

アトリエテーブルフォト教室でした!

2014.09.06 Saturday 18:08
更新がおいつかず…PhotoCafeの記事がたまってしまっております!!が。記憶は新鮮!
(開催日程で投稿しているので日付は9/6ですが書いていいるのは9/19ですあせあせ
遅くなっても、写真だけでなく、きちんと毎回記載して記録してゆきたいと思います!ウッシッシぴかぴか(新しい)
 


秋の気配がさらりと風に含まれる心地よい土曜日の午後。
アトリエテーブルフォト教室の開催ですわーい(嬉しい顔)
本日のテーブルコーデの主役は花の終わったクレマチスさん電球
ひょろりと伸びた蔓先にふさふさの種が可愛い!
 


そして、スタイリングはほんの少しだけ秋の気配。
あんまりしっとりしすぎないように、爽やかな雰囲気を残しつつ。
書籍や金属類を入れて秋の手触りを出してみましたウインクぴかぴか(新しい)
 


実ものが入ると急に秋の森に迷い込んだ感じがしますねほっとした顔
植物の力は本当に偉大ですぴかぴか(新しい)
 


テーブルの端にもローズを。
花屋では珍しい、カップ咲きの薔薇を発見した時は絶対に連れて帰りますウッシッシ
こちらは香りも素敵なイヴ・ピアッチェ。

まずはテキストで光の読み方やレフ板の使い方、構図の考え方や作り方を学びます。
どうしたら「いい感じの構図」の作れるか、見つける事が出来るか?
そのパターンや法則を教えるのではなく、考え方、導き方をお教えします。

構図は誰かの真似をするよりも、自分自身で導いて決定しないと全く意味がないからです。
どちらの空間をあけるか、どこにピントを合わせるか。
その、決定の仕方をお教えしていますぴかぴか(新しい)
 


本日の雑貨たち。全体はこんな感じです。
まずは自由に撮影して、腕慣らし。
お部屋の明るさの把握や露出設定などをざっくり決めますカメラ
 


その中からまずは桐島が1つ、雑貨を選びますウッシッシ
そして、参加者の方にひとりづつスタイリングをして頂きますわーい(嬉しい顔)

「スタイリング」とは空間をつくりあげること。
自分の好みや感覚を元にしてもよいけれど、ちょっとしたルールもあります。
そのルールを基準にスタイリングをすると、あまり考え込まなくても「いい感じ」の空間が仕上がるのです!ウインクぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)
 


完成したスタイリングを全員で交替で撮影ほっとした顔
人の撮影している姿ってあまり見ませんよね。
自分の撮影ばかり集中しないで、人がどういう角度から撮影し、どんな写真になったか、を見せてもらうとぐっと視野が広がります!
 


真正面から、上から、右から、左から、これだけ動いても全く表情が変わる構図になります。
「いつもおんなじ構図になっちゃう」という方は真正面から動かずただシャッターを押している方が多いですあせあせ

好きな角度があって、そこばかり撮ってしまうのは良いと思います!
それは自分の「こだわり」なので、気持ち良く撮影できるのはいいですね。
でも、とくにこだわりがあるだけじゃないのなら、色んな角度から「自分が動く」ことが大切電球
 


真正面から、彩度を落としてしっとりしたアンティーク風な雰囲気に。
 


ちょっと横から背景に緑を入れて、ヴィヴィットカラーで元気と透明感がある感じに。
赤い実の鮮やかさが目にまぶしいですね。
 


彩度を落とした正方形フォーマット写真にトイカメラフィルターをかけて。
赤い実を多く入れず、主役をペンダントにしています。
ペンダントはアンティークの植物標本がモチーフの真鍮製。鑑識札もついているので、その雰囲気に合わせた設定にしてみました。
 

モノクロにしてみました。
今度主役になっているのは、箱の「文字」です。
モノクロにすると文字や数字が特に目につくようになるので、アクセントにも主役にもなります。
古い映画のワンシーンのようです。
 

どんな設定で撮るか、どういう構図で撮るかは、ひとそれぞれ。
まずは人の写真を見て、いいな!!と思ったら同じ場所から撮ってみる。
そうすると自分では見えなかったたくさんの事に気付けます電球

そして、もう一度自分で被写体と向き合ってみる。
その時間がきちんととれるかどうか?が、写真の構図の上達の差だと思います。

構図は「撮る」のではなく「見る」ことで発見できる側面も持っていますウインク
 


次のスタイリングはとっても可愛いミミズクマトリョーシカが主役のスタイリング!
どーんと大きな二眼レフカメラも一緒ですが、違和感なくなじんでいるのは「レトロな雰囲気」と手前に置いた旅行鞄みたいな箱電球
 


森の中で見つけたものなのか…それともこの親子たちが旅をしているのか…!?ウッシッシ
とってもファンタジーな想像が出来るスタイリングですぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

 


2人終わったらお茶の時間!ほっとした顔コーヒーハート達(複数ハート)
ぎゅっと頭を使ったら糖分補給。
ゆっったりして、頭の中を整理しますよウインク

その間に好きな被写体の話しをしたり、写真の話で盛り上がったり。
自分の撮影データを確認したりして。
何を撮りたいか?何をしたいか?は、ひとそれぞれ。
そういうお話をすると、自分が何を撮りたいのか?という事が明確になってくると思います。
 


お茶のあとのスタイリングはリトアニアのふる〜〜〜い薬局のローズウォーターを主役に。
なんと、この瓶はスタイリングをしてくれたYuriさんのお土産なのです目がハート
7月にいただいたものですが、もったいなくて開けられず…あせあせ桐島家の中で美しい被写体として存在感を放っております!!
 


モノクロにしてもしっとりした雰囲気が素敵です。
色情報がなくなることで、光の濃淡や形が綺麗に浮かび上がります。
 


薔薇をテーマにスタイリングして頂いたので手前の小さな花は我が家の子を。
朝一番に手折った小さな小さなコーヒーオーベーション。
WBを青が強く出るようにして清浄な雰囲気に。
 


とても素敵なボトルをありがとうございましたぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)
使ってしまっても、きちんとまた残せる「瓶」というのは素敵ですね。
今でもいくつかのメーカーはガラス瓶に入った化粧品や生活用品を売っていますが、たたずまいがいつも素敵だなぁ。と思うものばかりです。
 


最後のスタイリングは少し暗くなってきたのでレフ板を常備して。
レフ板といっても小さな小さな可愛い子ですウインク
くるりと回してひねって、手のひらサイズになる携帯用。
小さな小物や雑貨の撮影にはかかせませんウッシッシぴかぴか(新しい)
 


俯瞰(上から)見る事も考えて作って頂いたスタイリング。
主役は鳥でもいいし、羊でもいいですね!
リズム感あるボタンの並びがとっても可愛いらしい!ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)
 


そのリズム感ある鳥の飛行を羊がおいかけているように、撮ってみました。
真上から撮ると平面的になりますが、こういったグラフィック要素がある被写体にはとてもよく似合います!わーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)

どこから撮ったら正解?と、いうのはないんです。
自分にとっての正解や、正解に導けるようなヒントを自分で見つける事が、写真を撮る意味なんじゃないかな?と思いますウインクぴかぴか(新しい)


それでは、本日参加者さまの作品です!わーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)
 
photo by MAKI

合同展にも参加してくれているしっとり淡い色彩が多いMAKIちゃんの作品ですが、鮮やかな雰囲気はちょっと意外!!この赤い実がとっても印象的に表現出来ていますねウインク
全体的なWBも温かみがある色彩でまとめていて、冬の始まる嬉しさを感じますわーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)
 
photo by norico

noricoさんは後ろの丸ボケの形にもこだわって撮影していたのが印象的ウッシッシぴかぴか(新しい)
ただきらきらなだけではなく、きちんと丸にして。森の中の雰囲気になるように・・・・クローバー
スタイリングが生きる構図作りですねウッシッシぴかぴか(新しい)
 
photo by Yuri.S

本人から頂いたローズウォーターの瓶を主役に、ローズなスタイリング。瓶は敢えてこの写真には入れずローズの色彩と静謐感を表現しています。
パールを入れたことで大人な雰囲気を、甘すぎないWBでしっとり撮影していますねほっとした顔ぴかぴか(新しい)
 
photo by ki-ko

まてまて!と羊たちの声が聞こえてきそうな写真!ピントがしっかり鳥に合っているので主役が分かりやすいですね。
その中で動きのある羊たちの目線がとても可愛いらしいです。
上から撮影するのではなく羊たちの目線と同じ構図にしたことで、メルヘンな雰囲気がよく出ていますねわーい(嬉しい顔)



今回はみなさん自分のスタイリングの写真を「今日の1枚」に選んで頂きました!ぴかぴか(新しい)
スタイリングも構図も、自分らしさが自然に出てきますね。
人は多面性を持っているから、どの面を出すかによって作風は変わりますし、その日の気分で写真も変わります。
それは生きている人だからこそ、です。

感情があるから記録したいと思う、想いがあるから残したいと思う、存在するから感じたいと思う、少しでも理解したいと思うからシャッターを押す。
写真を撮る理由はさまざまですが、そのシャッターを押す前と後では世界の見え方が変わっていると思います。

そんな魔法の使い方、教えられていたら嬉しいですほっとした顔

ご参加ありがとうございました!わーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)
素敵なPhotoLifeをお過ごしください〜わーい(嬉しい顔)


次回テーブルフォト教室(10/5(日)は今年最後のアトリエ教室です!電球
スタイリングは秋を意識してアンティーク感とハロウィンな感じでご用意して御待ちしております〜わーい(嬉しい顔)(お席が若干数ありますのでどうぞお早目に〜★)

 
テーブルフォト教室 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

コメント

コメントする










この記事のトラックバックURL

http://photodiary.skyclover.hacca.jp/trackback/1133776

トラックバック