写真教室 PhotoCafe 公式BLOG

写真家桐島ナオが講師を務めるPhotoCafe公式BLOGです!
初心者向け一眼レフ教室、テーブルフォト教室など、ちいさなアトリエで開催しています。出張やプライベート教室なども開催中!

アトリエプライベート教室でした!

2015.03.22 Sunday 19:48
桜の開花宣言が出たり急に暖かくなったり。
ちょっとソワソワする季節の変わり目電球に、久しぶりにお会い出来る笑顔というのはちょっと嬉しいほっとした顔

午前中、都内に打ち合わせに出ていたので午後からの開催とさせて頂きました。快諾して頂けたマキさん。本当にありがとうございますぴかぴか(新しい)
本日はマキさんご依頼のプライベート教室です!わーい(嬉しい顔)
 


しばらくiPhone写真が続きます電球
本日のテーブルコーデは初夏!あせあせ
すごく綺麗な秋色紫陽花がいたので連れて帰ってきたら…春を通り越して初夏になってしまった…あせあせ(飛び散る汗)
 


紫陽花にはしゃぐモノとクロ。
彼らも我が家に住み始めて…どれくらいだろう??6年くらい?
 


ディスプレイもなんとなく夏の気配…あせあせ
水色が爽やか〜電球
 


準備万端!レオンは大あくびあせあせ
お昼の時間はたいてい寝ているはずのレオン様です。
 

本日は写真のレビューを中心に光の読み方の実習でした電球
マキさんリクエストにより、ランチはオイル系パスタですレストラン
 


今日はNZ産のムール貝に春の野菜を彩ったペペロンチーニでございましたわーい(嬉しい顔)白ワインを入れて爽やかに仕上げておりますぴかぴか(新しい)
 


激写中のマキさん。そうですよね。撮りますよねウッシッシ
だって食べ物は食べたら無くなってしまいますもんげっそり
 


12時からだったのでとりあえずランチを食べて(笑)食後の歓談を交えて講義スタート!普段の撮影から好きなもの、好きなスタイルまでじっくりお伺いします。
 


当然のようにちょこちょこレオンが邪魔しに来ますが…あせあせなんで目の前のど真ん中に来るのだろう…たらーっ(汗)
猫ってそういう習性があるっぽいですね…。笑

質問や疑問に答えつつ、講義を進めて行きますが。
じゃぁ実際にやってみましょうか!ということで近くのお寺さんへGO!わーい(嬉しい顔)
この前上級講座でやってきたお寺さんです電球
今回は「光が飽和している状態を自分でつくる」というミッション!電球
実際にやってみましょう。
 


マキさんチャレンジ中。でもこの位置から撮影すると…
 


はい。サイド光(半逆光)になってしまうので、写真はこうなります。
では、逆光の位置に移動してみましょう。
 


ふんわりして透け感が出ましたねウインク
でもこれだと「逆光写真」です。「光飽和写真」はちょっと違います。
 


こんな感じ。立ち位置はほぼ逆光と同じですが、全体が明るくなっているのが分かりますか??
露出を上げただけでは白飛びしてしまう被写体を、光で包んで全体をふんわりさせる光の回し方です。
これを、、、文章で説明するのは無理なので割愛しますあせあせ
 


マキさん、もう一度チャレンジ中!ぴかぴか(新しい)

撮影方法はこうしたら絶対出来る!というものではなく、撮影場所と被写体と使用しているカメラとレンズにもよって変わります。
出来る、出来ない、というよりも数ミリ単位で光は変わってしまうから、本当に注意を払って立ち位置を決めること電球
 


単純に「明るくしたい!」というのではなく、色と光の強弱を注意して、露出もシビアに。
あと、太陽の光に注意して構図を作る事…かなぁ?

マキさん、初めての飽和写真に感動しておりましたわーい(嬉しい顔)
ふんわり、春らしい空気感になりますよね〜ウッシッシ
 


桐島は、飽和写真ではないけど、なんだか幻想的な草原のように見える芝生の雑草たちを撮って幸せになっておりましたうれしい顔
か、、かわいい。。。
 


元の色彩はこんなです。
名前は知らないけど、茶色い芝生に白い花がちょこちょこ咲いててとても可愛いくてうれしい顔
アトリエに戻ってからマキさんと一緒にRAW現像して仕上げています。
 


おなかがすいた所に桐島が帰って来たのでお肉とお豆腐を貰ったレオン様。額にお豆腐ついてますよーあせあせ(飛び散る汗)

RAW現像の時にもお話ししましたが、カメラで出来る事はカメラの設定で反映することに意味があると思います。
後から弄る事を前提に撮影する時はシャッターを押したときの気持ちではなく、その前後にシャッターを押した時の気持ち以上に「明確な世界観が構築されていること」が大前提。

特にRAWで写真を弄り始めると何がしたくて変えているのか?を常に突きつけられます。「これを、こうしたい!」という明確な結論が出ないままに写真を弄る事は、写真ではなく「画像」になってしまう事があります。
 


マキさんが作品を持参して下さったので掲載許可を頂きました!どれも素敵な作品なので是非見て頂きたく。
掲載許可を頂きましたわーい(嬉しい顔)
 


何を表現したいのか?
それが明確である写真は、見ていて気持ちよいです。
写真をレビューすることは「足りないこと、分からないことを、作者の意図する方向へ導く技術を提案すること」であると桐島は思います。
 


丁寧に撮影し、完成させた世界が出来上がって、作者が満足しているものに、「指導」は不要であると思います。
撮影者が満足しているものに茶々を入れる必要はないと思うからです。
不足があるなら自分が一番分かっているはず。
満足しているにはきちんと理由があるはず。

「お気に入り」写真を見せて頂ける事は本当に嬉しく、その人の宝物に触れるような気持ちですほっとした顔

今日は写真について、写真表現について、たくさんお話しさせて頂いたプライベート教室でしたわーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)
マキさんの世界、また是非見せてください!!
プライベート教室にご参加頂きありがとうございましたわーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)

どうぞ素敵なPhotoLIFEをお過ごしくださいぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)


 
東京キャットガーディアン×PhotoCafe桐島ナオ 月イチ*猫撮影会
今年もGW京都・奈良出張します!
*ホームページフルリニューアルしました*
にほんブログ村 写真ブログへ

 
プライベート教室 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

コメント

コメントする










この記事のトラックバックURL

http://photodiary.skyclover.hacca.jp/trackback/1133805

トラックバック