写真教室 PhotoCafe 公式BLOG

写真家桐島ナオが講師を務めるPhotoCafe公式BLOGです!
初心者向け一眼レフ教室、テーブルフォト教室など、ちいさなアトリエで開催しています。出張やプライベート教室なども開催中!

【PhotoCafeAfter】2017年5月20日(土)とっておきのローズガーデン撮影会@京成バラ園

2017.06.18 Sunday 22:13

 

大好評だった前年度に引き続き開催致しました京成バラ園撮影会!!わーい(嬉しい顔)カメラぴかぴか(新しい)

今年も快晴!青空に薔薇が映えます!晴れちょっと暑いくらいの雲ひとつない青空!

 

 

なので…日中はトップライト(太陽が真上に来てしまうこと)で撮影が難しい箇所も多く、皆様に「綺麗に撮れるコツ」をいくつかお話しつつ撮影スタート!バラぴかぴか(新しい)


桐島はほぼ毎年くる大好きな大好きな場所なのですが。このバラ園が普通のバラ園と何が違うの?という方は…来るとわかりますウッシッシほんと、他のバラ園と全然違うのは薔薇の質と品種と、量!少なくとも首都圏ではこの規模はありえないと思います!

 

 

野ばらのコーナーなのですが、このこんもり感!!自然のアーチになっているのですぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

そして、薔薇のすぐそばまで寄っていいんですよね。新宿御苑なども見事に仕立てているのですが「花壇の中には入らないでください」の看板。そりゃそうなんです。花壇の中に入ってはいけません。

 

 

でも京成バラ園は花壇というか、敷地内にぐわーーーーっとバラが「生えている」状態。もちろん立ち入り禁止の花壇もありますが、斜面やこういう芝生の中に生えているバラはこういう風に近寄れるのです。
夢中で撮影してしまう理由がここなんじゃないかとわーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)


おかげで望遠レンズでなくても寄って撮影ができるし様々な角度で撮影が出来るのがいいところ!カメラぴかぴか(新しい)
この子なんて同じ株なのにこんなに色が変わってしまうんです。びっくり!電球電球

 

 

さらに寄ってみました!ウッシッシカメラぴかぴか(新しい)

この子は当日朝に咲いた子です。花粉のつき方がみっしり、しっとり、鮮やか!

日をおうごとに蜜が少なくなってゆくのですバラ

 


 

縦に仕立てたバラの園。ここは結構奥にあるので人が少なかったですカメラぴかぴか(新しい)
ちょっとぼんやりした雰囲気になるように逆光で撮影。
今日はNikon機なのですが、普通のズームレンズ1本(28-105mmF3.5-4.5)と単焦点85mmF1.8の組み合わせです。

 

 

この85mmのボケ味の好きなとこは、日本画のようなこっくりしたボケが作れること!電球
Canonの50mmF1.2Lとちょっと似ているのですが、キリリとしていないのが好きなんですよね。
Nikonのレンズはナノクリが「いいレンズ」とされていますが、本体のキリリ感が結構あるのでレンズは非ナノクリのふんわり具合がちょうどよくて好きですぴかぴか(新しい)
この写真は結構お気に入りです。背景の黄緑が金屏風に岩彩で描いたみたいだなぁ〜と。絹目の紙に印刷したらまさに日本画っぽい気がします。

 

 

この子も似た手法で撮影しています。薔薇の実ですね。
まだ実が出来る時期じゃないので去年の実が残っている様子。タコさんウィンナーみたいだなぁ…とか思いながら撮りました。笑

 

 

背景をバイカラーっぽくなるように立ち位置を調整して撮影カメラぴかぴか(新しい)
玉ボケがうるさくなりすぎないようにしています電球


今日一番のお気に入り写真がこの子なんですが。
これも玉ボケを出しすぎないように、と。そのかわりにハレーションゴーストを薔薇にかからないけど雰囲気が伝わる位置に出るように調整しながら撮影しましたバラ
むらさきの美しい子、「しのぶれど」という和風な品種。なので、敢えて薔薇の窓が開いていない(真ん中が咲いてめしべが見えることを薔薇の窓が開くというんです)子を選んでみました電球

 


園内には薔薇と一緒にいろんな花が咲いているのでうまく一緒に撮影しようと思うのですが、これがまた中々に難しくあせあせ
この子はかなり苦労して構図を考えてみました。真っ白な薔薇に寄り添うようなベル咲きのクレマチスたち。
白雪姫と7人の小人みたいだなぁ〜。と思いながら撮影したのですカメラ

 

 

これは別の白薔薇。真正面、真上から撮影したもの。
ぐるぐるがとーーっても美しくて、なんだかホイップクリームみたいだなぁ…と思いながら撮影したのでクリームが美味しそうな色に見えるように注意しましたわーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)(食べ物妄想が多いですね…ケーキ


もちろんみなさん真剣!真面目に撮影しております!わーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)
全員帽子着用、熱中症対策万全!なのですが炎天下は厳しいので日陰での撮影を多めにとっていましたカメラぴかぴか(新しい)

 

 

ここの薔薇のいいなぁ〜と思うところは、薔薇がこんもり普通の木材などに咲いているところと、背景にも木々がはいるところ。
前者は細かいかもしれませんが、普通のバラ園だと園芸用品のアーチに絡ませている(緑とかのポールです)が多い中で木材っていうのがナチュラルでいいなぁと。あと、背景が木々なのも森の中みたいで素敵なんです。
背景も薔薇のところがあるのですがそれだと可愛いすぎてしまうシーンもあったりして。
緑の中にすっと咲いているのがいいんですよねぴかぴか(新しい)

 

 

今回YURIさんが「前ボケを探す旅」に出ていたのもあり(笑)前ボケをいくつか目の前で作ってみましたわーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)
普通の後ろボケは背景をぼかせば出来るのですが、前ボケは距離を計算したり角度を考えないと絵にならないので意外に難しかったりしますカメラぴかぴか(新しい) 


で、前ボケを探すYURIさんの手元を前ボケにしてみたりしてウッシッシ
なんでもそうですが、技術というのは知識なので習得するのは、時間をかければ誰でも出来るものなんです。
その技術を以てして「何をしたいの?」というのがその先になるのだと思います。

 

 

薔薇じゃないけどお気に入りのシロツメクサ。バリアングルモニターじゃないので地面に匍匐前進して撮影してますウッシッシ
マキさんがこの時の桐島を撮影しているのですが、完全に「へんじがないただの…」でした。笑

 

 

真剣!なマキちゃん(※マキさんとマキちゃんは別の人です)。
桐島も使っているレンズだったので、ちょっとクセのアドバイスをしつつ、新しい目線を開眼!わーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)

マキちゃんの真面目でまっすぐな目線、とても綺麗ですぴかぴか(新しい)

習得する、というのは自分自身が納得する、ということだと思うので。自分が「もういいかな」と思うまで撮るのはとても大事だし、その写真たちから「今日の1枚」を選ぶこともとても大事ですねカメラ

 

 

終了間際に撮影させていただきましたわーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)

tossyの笑顔、いいですね〜。笑 桐島、tossyの笑顔を引き出すコツがちょっとだけわかってきましたウッシッシ

 

レビューは移動して前回と同じ場所で開催!のんびり個室でくつろぎつつレビューをさせていただきました!わーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)
写真はそれぞれの「良さ」があって、それぞれの「視線」があって、それでいいと思います。

レビューのいいところは「自分の以外のいいところ」を観れるところと、第三者の「意見」を聞けること。

なるほどな〜。と思って良さや視線を増やせたら自分自身の世界がもっともっと広がるんじゃないかなと思います!

 

とっておきのバラ園撮影会、ご参加頂きありがとうございました!わーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)

どうぞこれからも素敵なPhotoLIFEをお過ごしくださいカメラぴかぴか(新しい)

 

 

★参加者さまBLOG★

 

当日の参加者さま写真集、photobackはこちらからどうぞ〜!

 

今までの撮影会BOOKはこちらからどうぞ!(桐島のphotobackページです)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

 

 

PhotoCafeAfter撮影会 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

コメント

コメントする










この記事のトラックバックURL

http://photodiary.skyclover.hacca.jp/trackback/1133876

トラックバック