写真教室 PhotoCafe 公式BLOG

写真家桐島ナオが講師を務めるPhotoCafe公式BLOGです!
初心者向け一眼レフ教室、テーブルフォト教室など、ちいさなアトリエで開催しています。出張やプライベート教室なども開催中!

【PhotoCafeAfter*】井の頭自然文化園撮影会でした!

2018.02.09 Friday 18:48

 

家(千葉県)を出た時よりもこっち(東京)のが寒いっ!!と、朝から雪雪がちらついてあせあせ(飛び散る汗)

一同凍えそうになりましたが、すぐに晴れ間が差してきて冬らしい晴れの撮影会となりましたわーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)
1月に開催した撮影会は初心者撮影会なので、レビューがあるPhotoCafeAfterは今年初開催!電球
常連さんも初参加の方もなごやかな雰囲気でスタート!ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

 

 

通常のPhotoCafe撮影会は開催中半自由行動なのでそれぞれ撮りたいものがあったら自由に動けます電球
反対に、どうしていいかわからない、撮影について色々聞いて実践したい!カメラぴかぴか(新しい) という方は桐島と一緒に行動しても勿論OK!わーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)
今回は動物園と彫刻なので、半分くらいの人でそれぞれがなんとなくいい距離感を持ちつつ巡っていく感じになりました(それでもお昼まで全然姿を見かけない人もいたりして…あせあせ(飛び散る汗)

 

 

 

まず最初に目に入ってきたのはヤマアラシ夫妻。
最初は仲睦まじくしていたのに急に針が!!!電球電球
その瞬間をねずさまと一緒に激写!ですカメラぴかぴか(新しい) 

 

 

そしてヤギ山のヤギたちの無の境地の表情…地蔵

 


どうやって表現するか角度を考えたり設定を変えたり…

 


その隣ではおじーちゃんみたいな白ヤギ。(入れ歯が合わないんですかね〜)

 

 

動物撮影は動いている子が多いので(そりゃそうですが)自分の手が止まってしまうと止まってる子しか撮れません。
檻越しに撮影する場合はMFでピントを合わせて…動いているなら自分自身も動いて…すると、あ!露出が!!あせあせ(飛び散る汗)ということも。。。
決定的瞬間を逃さないように、カメラを向ける前に設定はおおよそ決めておきたいですね!電球

 

 

で、こちらは暖かなライトの下から微動たりともしなかったカピバラさんカピバラ
雪があちこちに残っているくらいのさむーーーい日だったのでそりゃそうなのですが…あせあせ(飛び散る汗)
せめて写真だけでもあったかほっこりな感じにしてあげたくて、前ボケを作って春らしい設定にしてみましたわーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

 

 

ヤマネコ氏は確かにいたのですけど、檻の目が細かすぎて&寒くて丸まっていて良いショットが撮れずネコ
代わりに、ツシマさんを撮ってきました。

 

 


猫は寒いのだめですもんね…ネコ

しかし普通の猫みたい。。。

 

 

あと、サハラ砂漠にいるというフェネック!!キツネ
キツネみたいだけど犬の仲間らしい。かわいい〜〜〜〜!!わーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)
星の王子さまに出てくる砂漠のキツネキツネ、ですね。

みんなで固まって寝てました

 


で、ここはリスリスが有名?なのですが…ちょうどご飯の時間だったようで、飼育員さんがクルミとカット野菜などを配ってました!わーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)
リスってクルミを地面の中に隠したりするのですが、ここのリスたちは来園者のコートの中やカバンの中、フードの中に隠そうとすると聞いて!リスそ、それはぜひ撮りたい!と…!!わーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

 


人懐っこい子が多くて桐島の身体にもたびたび登られまして(たぶん、じっとしてると樹だと思われている)コートやカメラレンズにも足跡が…あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)
それはそれで可愛いのですが触れ合ってると自分は撮れないのですあせあせ(飛び散る汗)(でも心は満足リス

 

 

 

ひとさまのフードに埋め埋めするリスリスを撮らせて頂きましたよ〜。ほんと可愛い…ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)
ちゃんと「ぎゅぎゅ!」って埋めた後に、両手で土をかぶせるようにするんですぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

 

 

リスを堪能したので、そのあとは彫刻や木々などを撮影していました。
日が出てきていて雪解け水のきらめきや、刻まれた文字など、心にひっかかるものが多々あり。

これは撮影しているときはモノクロで撮っていたのですが、カラー版をこっちには載せてみます。
(photobackはモノクロ版ですぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

 

 

撮影会っていつも色々考えるのですが、何を撮るか?何が個性か?っていつも話題になります。
個性的な写真を撮りたいです、っていう方は多いのですが、じゃぁそれは「雰囲気を統一することなのか」というと、そうではないと桐島は思います。
パっと見てその人っぽい写真にすること(いわゆる好きな設定を決めてそれにすること)は結構簡単です。

でも、それだけだと何を撮っても「その設定で撮った写真」になってしまう。

 


いつも同じブランドの服で固めていたらその人らしいんだろうけど、人って日によって感情があって波がありますよね。

その場面で引き出される感覚とか、記憶とか、思い出とか、ひらめきとか。
そういう自分自身の「声」を聴いてあげて、それを被写体にも反映させることも「個性」の一つだと思います。

 

 


と、いうわけでランチタイムランチはいつもお世話になっておりますギャラリーテラスさんへ行ってまいりました。
テラスシスターズも変わらぬ笑顔で、美味しいパンも相変わらず!パンぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

 

ランチの際にもカメラ話は尽きず…「フルサイズに興味がある…」とお声が。
最近結構聞くし、実際にフルサイズに買い替えている人は多いので決めるのは本人なのですが。
相談を受けたとしてお返しするのは「カメラを買い替えたら画質は上がるけど、中身は本人次第」しかないのです。

 

 


いいカメラを買えば「きれいな写真」を撮ることはできても、「いい写真」は撮れない。
画質がいいカメラの、綺麗なボケの写真、は撮れると思うのです。

もちろん、明確な理由があればフルサイズはおすすめします!
そうでない限り、現在持っているミラーレス一眼やAPSCの一眼レフは、今でも良いカメラだと思いますよ。
スランプになってカメラやレンズを買う人がいますが、それは何も解決しないのでおすすめしません。
(カメラメーカー的にはおすすめなのかもしれないけど…げっそりあせあせ(飛び散る汗)

 


というお話しもしつつ…午後は別館の鳥と水生生き物園へ。

鳥の檻が遠い上に猫以上に目が細かくげっそりあせあせ(飛び散る汗)うーん。

 


これは200个任和静畭任舛任なかったなぁ、と。400个△譴侘匹ったかも。

その中でとても気になった子がいました。


緑色の綺麗な鳩で、野生だったのだけど、怪我をして失明し保護していると。
もう野生では暮らせないです、と看板が涙
具合は宜しくなさそう、で、少し心が痛むけれど。


動物園の本来の存在意義ってこういう風であって欲しいと思うんです。

希少な動物や怪我をした動物の保護や救済であって欲しいな、って。
人が自然に出来ることは限られていて、エゴかもしれないけど。
目の前の生き物に手を差し伸べられることが出来るのも人間しかいないな、と思うのです。

 

 

なので、この場所の温かさや気持ちをフレアの多重露光で鳩にふんわりかけてみました。
どうぞゆっくり休めますように。

 


少し時間があったので、弁天様へお伺いしたら色彩が目に飛び込んできたのでそのまま写真にしてみましたぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

 

 

芸術の神様でもある弁天様。なんか華やかだなぁって。

おじぞうさまも可愛いらしくて、大事にされている感が伝わってきましたわーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

 

写真は、その人のものだけど、被写体の力を借りて表現しているものでもあると思います。
丁寧に、被写体に感謝の気持ちを忘れずに。
1枚1枚のシャッターにいい意味で重みを込めて撮影していくことは、大事だな、と改めて思いました。


レビューは初参加の方もいて、緊張されてたと思うのですが
写真の個性って他人がいて、初めて引き立つものもあります。
引き立てあって、自分自身が分かることもある。
だから、優劣ではなくお互いの個性を羨ましがって、認めあって、高めていけたらいいな、と思います。

参加くださった皆さま、改めてありがとうございましたわーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

 

参加者の皆さんのBLOGもどうぞお楽しみください〜ぴかぴか(新しい)
ねずさま→「個性を、いきる
樹里ちゃん→「動物好きじゃないよね

 

 

 

参加者の方のphotobackはこちらから!!!カメラぴかぴか(新しい)
今までの撮影会BOOKはこちらからどうぞ!(桐島のphotobackページです)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

 

PhotoCafeAfter撮影会 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

コメント

コメントする










この記事のトラックバックURL

http://photodiary.skyclover.hacca.jp/trackback/1133899

トラックバック