写真教室 PhotoCafe 公式BLOG

写真家桐島ナオが講師を務めるPhotoCafe公式BLOGです!
初心者向け一眼レフ教室、テーブルフォト教室など、ちいさなアトリエで開催しています。出張やプライベート教室なども開催中!

【PhotoCafeAfter】東京桜撮影会開催しました!

2018.04.17 Tuesday 11:53

 

快晴の青空と桜が気持ち良い春の日!!わーい(嬉しい顔)カメラぴかぴか(新しい)PhotoCafe恒例の桜桜撮影会桜です!ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

もう、最高の環境!!!ぴかぴか(新しい)と、思われると思いますが。。。実はソメイヨシノがほとんど終わっておりました!あせあせあせあせあせあせ

 

 

足元は桜の絨毯なのですっごく綺麗なのですが…うーん。頭上がちょっとさみしい!あせあせ

そんな時は主役交代!電球スズメスズメスズメ

 

 

桜の中を駆ける雀!!積もった桜が舞うのがとっても可愛い〜わーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)

 

 

 

こちら、先輩を見学する待機組スズメスズメスズメ

と、いっても雀って素早いんですね…まともに向き合ったの初めてで、すばやくてびっくりしましたあせあせ

(すごい真剣に撮影しました!笑)

 

 

 

こちら、増上寺で見ごろを迎えていたのは枝垂れ桜。

春の柔らかな雰囲気を背景に入れてみましたウッシッシ

 

 

 

隣の枝にするだけでこんなに雰囲気が変わります。

どちらもお好みで!ウッシッシ

 

 

 

真下から撮影してもいいですねわーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)

奥行きがあるので綺麗なボケになりやすいです電球

 

 

 

そんな枝垂れ桜撮影を楽しむマキちゃん。本日もマミヤさんカメラぴかぴか(新しい)がお供しておりますわーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)(むしろマミヤさんのお供をマキちゃんがしているのか??)

 

 

 

うららかな日差しで桜も眠くなりそうな午後。

テントの上にくったり、可愛い。影も桜なので、あえてモノクロで電球

 

 

 

増上寺にはさくさんのお地蔵さまがいます。それぞれ帽子や小物をもらってうれしそう。

パッと目についた鮮やかさで撮影するとヴィヴィットにしたくなるのですが。実際にはそんなに鮮やかではなかったりしますDocomo_kao8

それは「実際の色彩」と「脳が見ている色彩(記憶色)」の違い。

 

「実際」と言っても人間の感覚は全員違うので平均的なカメラのオートに近い色彩という意味にしかならないんですが。
「記憶色」というのは感覚優先の脳が感じた色彩です。

 

例えば、「わ〜〜!新緑がきれいだなぁ!」と思ったら緑を綺麗に感じている。だから、緑をいつもよりも強調すると「今見ている景色」になるんです。
この場合は「鮮やかだなぁ!」と思ったので、その視覚情報に脳が引っ張られてしまって設定がそっちに寄っている状態電球

 

 

実際の眼で見た感じに近いのはこっち。

主役がお地蔵様ではなく親子です。なので、お地蔵様自体だけが主張しないように見たままの色彩、見たままの視野感覚になるように丁寧に撮影してみました電球

 

これはどっちがダメ!というのではなく、どちらも正解で、自分自身がどっちを撮りたいか?カメラ

きちんと選べていますか?という問題ですわーい(嬉しい顔)カメラぴかぴか(新しい)

 

 

 

本堂の端にたくさんのくるみ。別の場所でも見ました。

なにか意味があるのかなぁ?(調べても出てきませんでした)

 

 

さて、移動して北の丸公園からの千鳥ヶ淵をチラッと!わーい(嬉しい顔)カメラぴかぴか(新しい)
桜は散って花筏(はないかだ)が出来ていますね。

 

うごめく桜はモノクロにするとちょっと怖いのですが、冥府の入り口っぽくて嫌いではないのです。

 

 

これでもたくさん咲いている唯一の枝あせあせ

 

PhotoCafe撮影会は季節のものを撮影することが目的ではなく、「一番いいシーズンの前に撮影会をして、本番に臨めるように」スケジュールを組んでいます…。撮影会でいい写真を撮るのではなく、自分の時間でいい写真を撮れた方が嬉しいと思うのでカメラぴかぴか(新しい)
…が!!今年は蕾から開花、そして散るのが早すぎてソメイヨシノはほぼ撮影できず…。

 

ソメイヨシノが撮りたい!という趣旨ではないのですが、桜という被写体の中では一番難しいというか気をつかう被写体だと思うのでみなさんと一緒にやりたいと思っているのですあせあせ

 

 

そんなわけで、ソメイヨシノではないものを激写する探検隊のようなPhotoCafeメンバーたち…あせあせ

 

 

途中、東京国立近代美術館工芸館の前を通りすぎるので撮影をしようと思っていたのですが…なんと本日無料開館日!電球電球電球
こ、これは!と、みなさん嬉しそうに入館です電球

 

 

何年ぶりか分からなかったですが、春に来るとまた空気が違って不思議です。
以前は迷い込んだように発見したのでいきなり素敵なお屋敷が出てきてびっくりしたのです。笑

 

 

ねずさま撮影中カメラぴかぴか(新しい)

ひっきりなしに人が来るのですが、一瞬の隙をついて撮影致しました。(撮影後にねずねずみ許可を頂きましたよ)

 

 

 

お庭には小さな春。カラスノエンドウ葉

ひょろりとしたつる草や雑草はなんだか可愛いですぴかぴか(新しい)

 

 

千鳥ヶ淵の中に入ってしまうと魔窟の中に飲み込まれたような感じになってしまうのですが(桐島だけ…?)、少し離れてみると妖艶な感じに見えます…。妖艶と言うか、この世のものではないような?

ちょっと「妖怪(あやかし)」みたいな感じですね。幽玄、かな。

 

背後のビルとの対比が面白い…。

 

 

でも、設定と構図を変えると急に現実に戻ってくる不思議車

赤い車が可愛いくて、来るまで狙ってみました。

眼で見たままを撮るのもいいし、そうじゃないのも面白いのが写真のいいところ!

 

 

最後に夕暮れに近づいた金色の山桜を撮影しました。

きらきらを捉えて光にとろけそうな花弁を丁寧にぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

 

真剣に撮影しているとついつい、時間を忘れてしまいますね。

二日間参加の方も多く、本当にたくさん歩き&撮影しました!桜わーい(嬉しい顔)カメラ ぴかぴか(新しい)

 

参加くださった皆さま、改めてありがとうございましたわーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

 

参加者の皆さんのBLOGもどうぞお楽しみください〜ぴかぴか(新しい)

 

 

 

参加者の方のphotobackはこちらから!!!カメラぴかぴか(新しい)
今までの撮影会BOOKはこちらからどうぞ!(桐島のphotobackページです)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

 

 

 

 

 

PhotoCafeAfter撮影会 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

コメント

コメントする










この記事のトラックバックURL

http://photodiary.skyclover.hacca.jp/trackback/1133907

トラックバック