写真教室 PhotoCafe 公式BLOG

写真家桐島ナオが講師を務めるPhotoCafe公式BLOGです!
初心者向け一眼レフ教室、テーブルフォト教室など、ちいさなアトリエで開催しています。出張やプライベート教室なども開催中!

【PhotoCafeAfter】水族館撮影会@八景島シーパラダイス

2017.07.26 Wednesday 23:17

 

PhotoCafeAfter撮影会!暑い夏は涼しい水族館に行きたいねぇ〜!…といいつつ撮影会で都内の水族館はほぼ行きつくしているので…ちょっと都心から離れて横浜の南へ行ってまいりました!わーい(嬉しい顔)カメラぴかぴか(新しい)

シロイルカことベルーガのいる八景島シーパラダイス〜〜イルカぴかぴか(新しい)

 

 

こんにちは〜。
八景島は初めて!という方からご近所さんまで(笑)みんなでワイワイお邪魔いたします!ぴかぴか(新しい)

 

 

ショーがモモクロでびっくりしましたが(笑)なんとも愛らしいベルーガたちぴかぴか(新しい)
氷山の下に住んでいるのに暑くないのかなぁ〜??というくらい…本日は暑いというかむしろ熱い!!!!晴れ晴れ晴れ

 

 

アシカたちもあらよっと!ほんと、体幹素晴らしい!!笑
しっぽまでピンとしているのが素敵ぴかぴか(新しい)

 

 

そして、オサカナたちも勿論がっつり撮影してまいりましたわーい(嬉しい顔)カメラぴかぴか(新しい)
映画のあと、急に増えたニモ…ではなくカクレクマノミ。
(魚を誘拐すると可哀想ですよ…という趣旨の映画だったのに更に乱獲される不思議...,.かなしい

 

 

クラゲ。水族館ではよく見ますが、飼育はとっても難しく個人だとほぼ無理だとか。
こんなにあっちこっち東京湾にだって浮いてるのに!!…自然界のバランスを人工的に作り上げるのは難しいんですね。

 

 

普段会えない生き物に会えるのはとても嬉しいけど、できるだけ良い環境で暮らしてほしいと思ってしまいます。
(この子は大丈夫だけどガラスにぶつかって口元が白くなっているのはかなしい〜…かなしい

 

 

生き物たちはとってもコミカルで可愛いからこそ、いろいろ考えてしまう〜。
だからこそ、丁寧に、丁寧に。。。撮影することで見えてくることもあると思うのです。

 

 

最初に水族館撮影の極意をレクチャーして設定やら立ち位置やら注意すべきことを皆さんにお伝えしたのですが…
実際にやってみるとなかなか難しいようで…あせあせ

 

 

何名か「ピントが合わない〜〜〜!!」と頭を抱えておりました!あせあせ
水族館撮影の極意をもう一度お伝えし、実際にその場でできるまで一緒にトライ!してみると「あ!!合った〜〜!!」とウッシッシカメラぴかぴか(新しい)

 

 

上と同じ水槽です。
ひょっこりサンゴから出てきたトコロを撮影させていただきましたウッシッシカメラぴかぴか(新しい)
このひょこっとしたのとオカメインコみたいな模様が可愛い…。。。

 

 

こちらも同じ水槽。
背景や構図で全然雰囲気が異なるのも水槽撮影の魅力です。
映り込みやライト、背景なんかも絵作りに使ってみたりして電球

 

 

…とはいっても限界はあるわけです。
たとえばペンギン水槽。ペンギンは撮れても背景がない…。うーん。

 

 

じゃぁ、背景は作ってしまおう!!電球
と、いうわけで珍しく多重露光などしてみましたカメラぴかぴか(新しい)
この写真に…

 

 

ペンギンペンギン水槽の上に光っていたマッピングを露光!
光の海を泳ぐペンギンになりましたカメラぴかぴか(新しい)

 

 

ちょっと寂しいクラゲクラゲ水槽も…

 

 

多重で重ねてクラゲクラゲクラゲを増やしてみたりカメラぴかぴか(新しい)

 

 

あと、これ。モノクロとカラーの多重をやってみたかったのです。
全然別の水槽の魚なので実際には一緒に泳ぐことはないのですが。こういうファンタジーの世界も描くことができるのは多重の魅力だと思いますカメラぴかぴか(新しい)

 

 

単品モノクロではクラゲの繊細な模様をギリギリの露出で追い込んでみたり。
うーん、うーん、頭を抱える方々に声をかけて回ったりしてみましたカメラ

 

 

これは少し待って撮影したものカメラ
光が数カ所美しい水槽だったので、小さめのサメがちょうどよく通りかかるのを待機!!ウッシッシ
海のカミサマみたいな神々しさになりましたぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

 

 

再びイルカたち!イルカイルカ
バンドウイルカ!と思っていたらカマイルカっぽいですあせあせ
お腹が白いのがカマイルカですねあせあせ

 

 

するっと水から飛び出て軽々とジャンプ!!ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

水の中から出るのってすごい力がいるのに…やっぱりすごいなぁ〜。

 

 

そもそも人間と比較したらいかんのですがあせあせ

彼らは泳ぎのプロ!なんだなぁ〜としみじみ思いました。

 

 

終わったあと、裏のプールでごはんの続きをしていたイルカたち。
けっこうがつがつ食べておりました魚魚魚

 

そして、みんなの様子を見つつ、そろそろ時間かなぁ〜と出口に向かったら…

 

もでーーーーん!!カピバラ

 

う、、水豚くん!!!

 

あ、そっか。。。今思ったのですが。
水豚=カピバラ。
海豚=イルカ。
だから…カピバラがいたのかな???カピバラ

 

 

なかなかフレンドリーで可愛い子でした。
お触り課金をしたのでその様子はphotobackにて…。笑

 

 

そして、最後にドルフィンファンタジー!!イルカぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)
動き物+暗所ということで皆さんおつかれでしたが…これは本当に優しい気持ちになりましたぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

 

 

親子のイルカがずーーっと寄り添っていて…ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)
嬉しそうだし、優しそうだし、見ていてみんな幸せな気持ちに。。。

 

 

こんな感じで天井が全て水になって見えるという。。
子供イルカはここで生まれたそうで、人間の子供を見て近寄ってきたり、じーーっと顔を見たり。
海を知らないイルカは可哀想!という声もあるけど、海洋汚染とかスクリューの事故で怪我をしたり方向を見失って打ち上げられてしまったり…となかなか厳しい現実もあると思うのです。
でも、どっちが幸せなのかなんて聞いてみないとわからないし…。。。。

 

 

嬉しそうな親子をみて、みんな幸せ気分になった撮影会ラストでしたイルカイルカ
レビューはちょっとキレイめなお座敷風の創作レストランにて。スタッフの方が写真をやっていてレビュー会に興味津々で面白かったです。笑
お料理はもちろんですが、心地よい対応は嬉しくなりますねわーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)

 

ご参加頂きありがとうございました!わーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)

どうぞこれからも素敵なPhotoLIFEをお過ごしくださいカメラぴかぴか(新しい)

 

 

参加者の皆さんのBLOGもどうぞお楽しみください〜クラゲ

 

 

 

 

PhotoCafeAfter撮影会 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

アトリエ一眼レフ教室でした*

2017.07.13 Thursday 21:53
アトリエ一眼レフ教室の記事をなかなか書けずすみません…!あせあせ
撮影会レポートなど記載しているとSNS報告で満足してしまいまして…いかんいかん!ちゃんと記載します!電球電球電球

 

 

アトリエでの一眼レフ教室はPhotoCafeでの基本カメラぴかぴか(新しい)

まったく「一眼レフカメラ」を触ったことがない方から、「ミラーレスカメラ」を買った方まで…!一眼レフカメラ(もしくはミラーレスカメラ)の初心者の方向けの半日完結型、カメラ教室ですわーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)

 

 

「一眼レフ」じゃなくて「ミラーレス」だけど参加できますか?と、よく聞かれますが、ぜんぜん大丈夫ですのでご安心くださいカメラぴかぴか(新しい)

参加者の半分以上の方がミラーレスカメラをお持ちの日もありますし、全員一眼レフの日もあります電球
その日によって参加者のカメラはいろいろ…ですが、参加される方はほぼ9割が女性ですが、男性のお一人参加もぜんぜん大丈夫ですわーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)

ただ、数ある写真教室の中でこんな小さなPhotoCafeを選んで頂いたからにはみなさまに楽しんでいただきたいなと思いますぴかぴか(新しい)

 

 

暑くなってきたので冷たい台湾茶でおもてなしすることもありますが、途中のお茶の時間は欠かせませんお茶
カメラの使い方教室なので、とりあえずやることはたくさん出てきます。笑
だから、頭の中をクールダウンする時間は必要電球

 

 

やることは、「自分の思った通りに写真を撮れること」なんです。
PhotoCafeでお教えする「マニュアル撮影」は「簡単に写真が撮れる魔法」ではないです。
たぶん、どちらかというとちょっと面倒くさい方法でもある。でも、難しいことではないです。
機械が得意な人は少ないし、ほとんどが女性で、初めてカメラを持つ方が多いPhotoCafeカメラ

 

みなさん、なぜPhotoCafeに来たかというと、ほとんどの方が「オートじゃ思った通りに撮れなかった...」と言いますあせあせ
そうなんですよね。オートで感動的な一枚って、なかなか難しい。…というかそれは奇跡の1枚になってしまう。

 

 

そうじゃなくて、カメラの仕組みを知って、自分でその仕組みに「指示」を出したら、カメラは指示通りの写真を描いてくれるんです。
だから、PhotoCafeではその「指示の出しかた」をお教えしていますカメラぴかぴか(新しい)
全部オート、絞り優先オートとか、シャッター優先オートで、撮りたいものが撮れているなら、それで大丈夫です。

 

でも、自分だけの世界の1枚、を撮ってみたい。と、思ったら、お気軽にどうぞ。
以外と簡単で、ちょっとやることがあって、ずーーっと楽しめます。

 

 

アトリエにはレオンという猫がいますので、猫アレルギーの方は申し訳ありません…!猫
すっごく人懐っこいのでお客様が来るとど真ん中にきたがります…(仲良くして頂きありがとうございます!猫

 

アトリエ一眼レフ教室へご参加頂きありがとうございました!わーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)

どうぞこれからも素敵なPhotoLIFEをお過ごしくださいカメラぴかぴか(新しい)

 

参加された方、いつでも、いつになってもどうぞお気軽になんでも聴いてくださいぴかぴか(新しい)

参加してみたいな〜。これからカメラを買おうかな〜。という方もご相談にいつでも乗りますのでお気軽にどうぞわーい(嬉しい顔)

 

現在8月開催分、少しだけお席あります。9月開催分はまだ大丈夫です夏

お盆前の滑り込み!(笑)運動会前のフルマニュアル!(笑)ぜひどうぞ〜。

 

 

お申し込みはホームページのメールフォームからどうぞ!

 

東京キャットガーディアン開催の「猫が邪魔する一眼レフ教室」もこちらから猫

 

 

 

一眼レフ教室 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

【PhotoCafeAfter】6月24日(土)紫陽花撮影会@府中市郷土の森博物館

2017.07.08 Saturday 23:56

 

紫陽花紫陽花といえば、関東地方では鎌倉が有名ですが(過去何回かPhotoCafeでも撮影に行っております)ここはあまり有名でないようでわーい(嬉しい顔)カメラぴかぴか(新しい)
PhotoCafeで行くのは2回目ですが数年ぶりなので初めて行く方が多かったですぴかぴか(新しい)

 

 

最近の撮影会はキリっとした晴れが多く、日陰を探して撮影するものの…こんなスポットライトのような日差しがそこかしこに…太陽
ひろーーーーい敷地内のまずは手前部分を散策します紫陽花

 

 

手前はたてもの園のように昔の建築を移築したものがいくつかあり、見学可能!撮影可能!ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)
古い小学校です。やわらかな色彩に使い込んだ木の質感。

 

 

みんなそれぞれの方向を向いて撮影しています。笑

 

 

これは新しくした感じですが、フォントがいいですよねわーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)
窓に映る緑も爽やか!ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

 

 

教室内はコンサートのリハーサルをしておりました。なんだか和む音楽で良い耳心地ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

 

 

撮っている様子はこんな感じ。ちょっと盗撮っぽい…。笑

 

 

教室あり、資料室あり。
小学校で撮影、といえば。京都の明倫小学校を思い出すのですが、こっちはもうちょっと田舎な感じで。
明倫小学校はモダンでかっこいいんですよね。こちらは素朴で普通の感じ。
どちらも良い雰囲気なのですわーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)

 

 

七夕が近かったので短冊があり、可愛い字で「将来世界一の生物学者になれますように」とありました電球電球
学者ってのもすごいけど、ジャンルまで決まっているのもすごい…わーい(嬉しい顔)

 

 

こんな素敵な古民家風の建物もあり。ちょうど前に紫陽花が咲いている素敵なロケーション!!わーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)
なんか旅行雑誌の一コマみたい…。

 

 

昔の建物のよいところってこういう「暗さ」が綺麗だな、と思います。
明暗差を出したくなる。木の質感と緑の色彩が綺麗ですね!わーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)

 

 

これは自分がいる部屋から隣の部屋を経て廊下を撮っているのですが。
あ!ハンマースホイの構図だ!!と思って(笑)壁に張り付いて撮影したのでした。。。あせあせ
(ヴェルヘルム・ハンマースホイは画家です。こういう色彩と構図の絵を描くのです)

 

 

ランチはプラネタリウムのカフェにてランチ
このハンバーグがめっっちゃ美味しかったので感動です…わーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)
みなさまお越しのさいには是非に…。。。

 

 

そして食後は本番!とばかりに勇んで紫陽花に突撃!!カメラぴかぴか(新しい)
(写っているのは全員参加者です。笑)

 

 

ここの紫陽花はほんっとに樹勢が強くて、もこもこしています。
色も濃くてはっきり出ている気がするんですよね。

 

 

こんにちはー。と、昆虫もたくさん。鳥もたくさん見ました。

 

 

紫陽花の撮影は「距離感」が大切です。
ともすれば同じような構図ばかりになってしまいがちの紫陽花写真紫陽花
ひとつひとつは小さな花、ちょっと引くと丸くなる、という2つの距離感。
こんなに表情に違いが出る被写体もなかなか無いのではないでしょうかわーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)

 

 

その中くらいの距離感でも素敵ぴかぴか(新しい)
モノクロにすると質感がよく出てきます。色彩ばかりでなく、形や素材にも目を向けてカメラぴかぴか(新しい)

 

 

1つだけじゃなくて、関係性も見つけてみたりぴかぴか(新しい)
つる草に絡まれる紫陽花。笑
背景の緑の森がとても美しかったのでとろけるようなボケにしてみましたカメラぴかぴか(新しい)

 

 

あと、後ろから見ても紫陽花は美しい!ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)
青い紫陽花は青だけでできていない子が多いです。この血管のような美しい葉脈は透けると浮き上がってきます。

 

 

途中、マーニーにモデルを頼んでみたりわーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)
爽やか〜〜わーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)

 

 

tossyにモデルを頼んでみたりわーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)
自然に笑顔ができるようになってきました!笑

 

 

紫陽花以外のお花もたくさんあるのですが、紫陽花みたいなアナベルさんもいましたよ。
この子はアメリカノリウツギという種類でウツギなんですよね。山に生えてるあれ。

 

 

中でもピンクアナベルさんが可愛いらしくてしばしみんなで撮影会になりました。笑
紫陽花の色合いでこういうのはないので新鮮!わーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)

 

 

紫陽花の色合いは土の中の成分によって変化するというのは有名ですが、成分も一定ではないので、こんな素敵なグラデーションが生まれますわーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)

 

 

こちらは赤紫系のグラデーション。左右にずーっと紫陽花が続いている小道なのです紫陽花紫陽花紫陽花

 

 

笑顔でピース!のマーニーわーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)いい笑顔〜✌️
上の写真の少し奥なのですが、WBと露出を変えるだけでだいぶイメージが変わります紫陽花

 

 

強い日差しの中、広い敷地内をあっちこっち、お疲れさまでした!わーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)

 

レビューは川崎駅まで移動!美味しいごはんを食べながらワイワイ開催しました。

 

 

今回初の男子4人!笑 最後に記念撮影!わーい(嬉しい顔)

 

ご参加頂きありがとうございました!わーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)

どうぞこれからも素敵なPhotoLIFEをお過ごしくださいカメラぴかぴか(新しい)

 

 

参加者の皆さんのBLOGを拝見して、いつも「いいなぁ」と思うのは、それぞれの写真の個性ややり方、考え方を参加者同士の方々が尊敬し合っていること。PhotoCafeを通じたご縁が緩く深く続いていってくれたら嬉しいです。

 

★参加者さまBLOG★

 

当日の参加者さま写真集、photobackはこちらからどうぞ〜!

 

今までの撮影会BOOKはこちらからどうぞ!(桐島のphotobackページです)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

 

 

PhotoCafeAfter撮影会 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

【初心者歓迎・PhotoCafeAfter特別編】8月12日(土)夏色撮影会@上野の古代蓮

2017.07.03 Monday 14:18

 

こんにちは!PhotoCafe講師の桐島ナオです!
撮影会開催の御要望の中で「一眼レフ教室の次の教室」になるような撮影会をやってほしい!わーい(嬉しい顔)カメラぴかぴか(新しい) といただく事が多くなってきました。
通常のPhotoCafeAfter撮影会は自由撮影形式で常連さんもはじめまして!の方も自由に撮影してレビューすることが基本になっています。
大好評をいただいた「初心者歓迎・PhotoCafeAfter特別編」は一眼レフ教室で習った事の実践編!として、復習を兼ねた撮影会ですわーい(嬉しい顔)カメラぴかぴか(新しい) 

今回は上野の上野恩賜公園(東京都台東区)不忍池(しのばずのいけ)へ行きます!蓮

 

 

自由撮影の時間は設けず、みんなで一緒に設定の確認から撮影方法のいくつかの提案を中心に、「こういうのが撮りたい…」や「習った事を確認したい」という時間の撮影会です。

基本は桐島と一緒に撮影し、「こんな角度で撮ってみよう!電球」や「背景をきれいにぼかしてみよう!電球」や、その場での質問を受け付ける会になります。

 

 

今回は「夏色」と「古代蓮」をテーマに撮影会を実施!蓮

夏の強い日差しやクッキリした色彩をキレイに表現する方法をお教えします電球
古代蓮の神秘的な感じ、鮮やかさをじっくり撮影することが出来ますわーい(嬉しい顔)カメラぴかぴか(新しい) 

 



古代蓮は近くに咲いていることもありますが、お気に入りの子が遠くに咲ていることもあるので、望遠レンズを持ってるかたは持参することをおすすめします。
また、早朝に咲くといわれている古代蓮ですが、あまりに早朝すぎると大変なのでほどほどの時間の集合です電球

夏しか撮れない景色を鮮やかに残してみませんか?蓮

掲載している写真は全て同じカメラで撮影したものです電球設定やお天気によって全然違う印象になる花の撮影ぴかぴか(新しい)
いろいろテクニックを教えいたします!わーい(嬉しい顔)カメラぴかぴか(新しい) 

 

 

 

初心者向け内容になりますので、レビューなどは設けていません。

一眼レフ教室の復習をしたい方、これから写真撮影を本格的に初めてみたい方、どうぞお気軽にご参加ください!

※基本はフルマニュアルでの講義になりますので、カメラの使い方自体を学びたい方は一眼レフ教室を受講ください(実践の教室です)

 

 

■8月12日(土)【初心者歓迎・PhotoCafeAfter特別編】蓮夏色撮影会@上野の古代蓮

 

 

場所:上野恩賜公園(東京都台東区)不忍池(しのばずのいけ)

https://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index038.html

参加費:¥3,000(交通費は各自支払いです)
時刻:09:00 集合 JR上野駅公園口改札前

   11:30 現地解散

※小雨でも開催しますが、警報が出るような場合は中止します

作品レビューはありません

※講義と実践中心になりますので、途中参加・途中離脱はできません

 

 

過去にPhotoCafe一眼レフ教室もしくは、猫が邪魔する一眼レフ教室を受講したことがある方対象の撮影会です。

 

参加したPhotoCafeの日時を記載ください。(ちょっと曖昧でも大丈夫です)

 

PhotoCafeに参加したことがない方で撮影会に興味がある方は通常のPhotoCafeAfter撮影会を検討ください。

 

 

通常の過去撮影会の様子はこちら!「PhotoCafeAfter撮影会

前回の初心者撮影会の様子を現在執筆中です!

今までの撮影会BOOK本こちらからどうぞ!(桐島のphotobackページです)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

 

ご質問などは桐島までどうぞ!


みなさまにお会い出来る事を心より楽しみにしておりますわーい(嬉しい顔)カメラぴかぴか(新しい) 


 
お申込みはこちらのメールフォームからお願い致します

■主催■
skyclover 桐島ナオ  http:// skyclov er.hacc a.jp/
皆さんのPhotoLIFEが素敵なものでありますようにわーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)
 

 

予定とお知らせ | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

【PhotoCafeAfter】2017年5月20日(土)とっておきのローズガーデン撮影会@京成バラ園

2017.06.18 Sunday 22:13

 

大好評だった前年度に引き続き開催致しました京成バラ園撮影会!!わーい(嬉しい顔)カメラぴかぴか(新しい)

今年も快晴!青空に薔薇が映えます!晴れちょっと暑いくらいの雲ひとつない青空!

 

 

なので…日中はトップライト(太陽が真上に来てしまうこと)で撮影が難しい箇所も多く、皆様に「綺麗に撮れるコツ」をいくつかお話しつつ撮影スタート!バラぴかぴか(新しい)


桐島はほぼ毎年くる大好きな大好きな場所なのですが。このバラ園が普通のバラ園と何が違うの?という方は…来るとわかりますウッシッシほんと、他のバラ園と全然違うのは薔薇の質と品種と、量!少なくとも首都圏ではこの規模はありえないと思います!

 

 

野ばらのコーナーなのですが、このこんもり感!!自然のアーチになっているのですぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

そして、薔薇のすぐそばまで寄っていいんですよね。新宿御苑なども見事に仕立てているのですが「花壇の中には入らないでください」の看板。そりゃそうなんです。花壇の中に入ってはいけません。

 

 

でも京成バラ園は花壇というか、敷地内にぐわーーーーっとバラが「生えている」状態。もちろん立ち入り禁止の花壇もありますが、斜面やこういう芝生の中に生えているバラはこういう風に近寄れるのです。
夢中で撮影してしまう理由がここなんじゃないかとわーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)


おかげで望遠レンズでなくても寄って撮影ができるし様々な角度で撮影が出来るのがいいところ!カメラぴかぴか(新しい)
この子なんて同じ株なのにこんなに色が変わってしまうんです。びっくり!電球電球

 

 

さらに寄ってみました!ウッシッシカメラぴかぴか(新しい)

この子は当日朝に咲いた子です。花粉のつき方がみっしり、しっとり、鮮やか!

日をおうごとに蜜が少なくなってゆくのですバラ

 


 

縦に仕立てたバラの園。ここは結構奥にあるので人が少なかったですカメラぴかぴか(新しい)
ちょっとぼんやりした雰囲気になるように逆光で撮影。
今日はNikon機なのですが、普通のズームレンズ1本(28-105mmF3.5-4.5)と単焦点85mmF1.8の組み合わせです。

 

 

この85mmのボケ味の好きなとこは、日本画のようなこっくりしたボケが作れること!電球
Canonの50mmF1.2Lとちょっと似ているのですが、キリリとしていないのが好きなんですよね。
Nikonのレンズはナノクリが「いいレンズ」とされていますが、本体のキリリ感が結構あるのでレンズは非ナノクリのふんわり具合がちょうどよくて好きですぴかぴか(新しい)
この写真は結構お気に入りです。背景の黄緑が金屏風に岩彩で描いたみたいだなぁ〜と。絹目の紙に印刷したらまさに日本画っぽい気がします。

 

 

この子も似た手法で撮影しています。薔薇の実ですね。
まだ実が出来る時期じゃないので去年の実が残っている様子。タコさんウィンナーみたいだなぁ…とか思いながら撮りました。笑

 

 

背景をバイカラーっぽくなるように立ち位置を調整して撮影カメラぴかぴか(新しい)
玉ボケがうるさくなりすぎないようにしています電球


今日一番のお気に入り写真がこの子なんですが。
これも玉ボケを出しすぎないように、と。そのかわりにハレーションゴーストを薔薇にかからないけど雰囲気が伝わる位置に出るように調整しながら撮影しましたバラ
むらさきの美しい子、「しのぶれど」という和風な品種。なので、敢えて薔薇の窓が開いていない(真ん中が咲いてめしべが見えることを薔薇の窓が開くというんです)子を選んでみました電球

 


園内には薔薇と一緒にいろんな花が咲いているのでうまく一緒に撮影しようと思うのですが、これがまた中々に難しくあせあせ
この子はかなり苦労して構図を考えてみました。真っ白な薔薇に寄り添うようなベル咲きのクレマチスたち。
白雪姫と7人の小人みたいだなぁ〜。と思いながら撮影したのですカメラ

 

 

これは別の白薔薇。真正面、真上から撮影したもの。
ぐるぐるがとーーっても美しくて、なんだかホイップクリームみたいだなぁ…と思いながら撮影したのでクリームが美味しそうな色に見えるように注意しましたわーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)(食べ物妄想が多いですね…ケーキ


もちろんみなさん真剣!真面目に撮影しております!わーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)
全員帽子着用、熱中症対策万全!なのですが炎天下は厳しいので日陰での撮影を多めにとっていましたカメラぴかぴか(新しい)

 

 

ここの薔薇のいいなぁ〜と思うところは、薔薇がこんもり普通の木材などに咲いているところと、背景にも木々がはいるところ。
前者は細かいかもしれませんが、普通のバラ園だと園芸用品のアーチに絡ませている(緑とかのポールです)が多い中で木材っていうのがナチュラルでいいなぁと。あと、背景が木々なのも森の中みたいで素敵なんです。
背景も薔薇のところがあるのですがそれだと可愛いすぎてしまうシーンもあったりして。
緑の中にすっと咲いているのがいいんですよねぴかぴか(新しい)

 

 

今回YURIさんが「前ボケを探す旅」に出ていたのもあり(笑)前ボケをいくつか目の前で作ってみましたわーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)
普通の後ろボケは背景をぼかせば出来るのですが、前ボケは距離を計算したり角度を考えないと絵にならないので意外に難しかったりしますカメラぴかぴか(新しい) 


で、前ボケを探すYURIさんの手元を前ボケにしてみたりしてウッシッシ
なんでもそうですが、技術というのは知識なので習得するのは、時間をかければ誰でも出来るものなんです。
その技術を以てして「何をしたいの?」というのがその先になるのだと思います。

 

 

薔薇じゃないけどお気に入りのシロツメクサ。バリアングルモニターじゃないので地面に匍匐前進して撮影してますウッシッシ
マキさんがこの時の桐島を撮影しているのですが、完全に「へんじがないただの…」でした。笑

 

 

真剣!なマキちゃん(※マキさんとマキちゃんは別の人です)。
桐島も使っているレンズだったので、ちょっとクセのアドバイスをしつつ、新しい目線を開眼!わーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)

マキちゃんの真面目でまっすぐな目線、とても綺麗ですぴかぴか(新しい)

習得する、というのは自分自身が納得する、ということだと思うので。自分が「もういいかな」と思うまで撮るのはとても大事だし、その写真たちから「今日の1枚」を選ぶこともとても大事ですねカメラ

 

 

終了間際に撮影させていただきましたわーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)

tossyの笑顔、いいですね〜。笑 桐島、tossyの笑顔を引き出すコツがちょっとだけわかってきましたウッシッシ

 

レビューは移動して前回と同じ場所で開催!のんびり個室でくつろぎつつレビューをさせていただきました!わーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)
写真はそれぞれの「良さ」があって、それぞれの「視線」があって、それでいいと思います。

レビューのいいところは「自分の以外のいいところ」を観れるところと、第三者の「意見」を聞けること。

なるほどな〜。と思って良さや視線を増やせたら自分自身の世界がもっともっと広がるんじゃないかなと思います!

 

とっておきのバラ園撮影会、ご参加頂きありがとうございました!わーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)

どうぞこれからも素敵なPhotoLIFEをお過ごしくださいカメラぴかぴか(新しい)

 

 

★参加者さまBLOG★

 

当日の参加者さま写真集、photobackはこちらからどうぞ〜!

 

今までの撮影会BOOKはこちらからどうぞ!(桐島のphotobackページです)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

 

 

PhotoCafeAfter撮影会 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |